工房茶助

100%魚沼産コシヒカリ低農薬のお取り寄せお米通販サイト

商品には別途送料がかかります。
ご購入手続きの中で都道府県ご記入後明示されます。

詳しい送料についてはこちら
「バリエーションを全て選択してください。」という表示が出た時は、
  「カートに入れる」の直前の分づき」選択をしてください
 電話・FAXでの
 ご注文もできます。
作り手の声

 
雪むろバナー2
農薬バナー2
 
斑点米バナー2
 
分つきバナー
 
福田朗子バナー
 
バナー4コマ
 

商品カテゴリ

コンテンツ

商品一覧へバナー
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2022.7.31ブログ「最後の施し」

出穂予定(8/10)の40日前にケイ酸分を施してあげると稲体がしっかりとしてたくさんの穂を実らすと言われている。

ミネラル分はお米を美味しくすると言われている。

以前行ったバケツ実験でもそのような結果が出たので、
ハイグリーンという肥料を撒いている。

35枚へ875㎏。ちょっとこたえるお年頃。

2022ハイグリーン
ハイグリーン撒き

 
 玄関土間にある出荷するお米が少なくなると、

集落内にある雪むろからお米を取ってきます。

雪むろ

昨年の収穫後からすぐに運び入れてあるので、1~2℃の雪むろ内で美味しさ玄米でそのまま眠っています。

こうやって少し寝かした方が美味しくなるという人もいます。

今年は在庫が残りそう。
郵便局のカタログが配布部数を大きく減らしたみたい。
そういうことは先に強調してほしいな~。

そんな傍ら、水路掃除。
水路掃除木伐り

3年に1度くらい、山際の木を伐ります。
片付けが厄介。

水路掃除木伐り2

およそ1日でこんな枝木の山が11個くらいできました。

今は一番枝葉が重い時期。本当は春や初冬の方が軽くて良いのですが、時間の捻出が難しい。

伐りたい所はまだあと200m残っていますが、また今度。

水路の泥上げや草刈りもあるので。

道路掃除3

なんせあちこち全部で1km以上もあるので。
 

7月の下旬には穂のための追肥窒素分とミネラル分を追肥します。

田んぼに水をたっぷり入れて、魚エキスペレットという100%有機肥料を。

猫やネズミにいたずらされる肥料です。

穴を開けられていて、持ち上げたらザザーッなんてこともあり。

写真無し。

撒くと自分自身も相当に生臭い。

写真無し。←匂いは映らん

これが最後の施しです。

あとは少しの水管理、そしてお天道様次第。

その頃の稲。
良く育っていると思います。
2022稲



山仕事はしばらく国県道の草刈りでした。

観光地のようなきれいな所。

黒又1

黒又2
ある意味、贅沢な職場。
暑いけど。

連れの畑も絶好調。
暑いけど。
夏野菜

2回目の草刈りも絶好調(言ってみただけ)。
2022草刈り

最後に愛らしい花たちを。

ネジバナ2022
2022花
2022花2

梅雨や夏を超えても美味しい雪むろ米。魚沼産100%をお試しください。

2022-07-31 22:41:09

コメント(0)

2022.7.5ブログ「続・農繁期」

なんて魅力のないタイトル(笑)。

水田除草剤を撒いた頃には畦や農道の雑草が繁茂しています。
スタートした草刈り三昧。

猪対策の電気柵。草刈りをしてから設置。

電気柵草刈り

6月8日からスタートして、7月4日に1巡目を終えました。

Iターン仲間のNさんにかなり刈ってもらいました。
連れと山仕事の同僚S氏にも助けてもらいまいした。

ありがたみ溢れる。

2022草刈り1 2022草刈り2

これも一ヶ月を待たずして草ぼうぼうになるのでありました。
既に2巡目も始まりました。

6/22からは中干し始め。水を落とし、根を良く張らせ、コンバインがぬからぬよう土を固くします。

そしてより良く乾かすために機械で溝を切ります。

溝の接点をしっかり繋いで、水が排水口へしっかり流れていくようにします。

溝切り繋げ
この無防備な背中。暗くなってきて蚊の餌食。30発以上!
痒くて気持ち悪くなりそうでした。

出穂40日前のケイ酸ミネラル肥料の追肥は7/2・3。

2022追肥① 2022追肥② 

年々30㎏背負うのがしんどくなるお年頃。

苗、元気に育っています。

2022.6.22の苗

このままいけば美味しいお米がたくさんできる、はず!

大水や猪の被害がありませんように。
 

平日、日中は山仕事です。

杉林だったり
杉林

黒又ダム周りの道の草刈りだったり
ダム周り

車のナビは大抵こんな感じ。
ナビ
南極?

忙しいんだけれど、何とか時間をひねり出し、連れと映画。
是枝監督の新作
ベイビーブローカー
良かったです。
韓国の方々、演技素晴らし過ぎてリアリティ!

あれ?
この刑事さん、すっごく知ってる。この存在感。
誰だっけ?何の映画で観たんだっけ?

ぺ・ドゥナ、「リンダリンダリンダ」だった!
大好きな映画。
そういう人を聞いたことがないけれど。

暑い日が多くなっています。
しっかり食べて乗り切りましょう!
 

2022-07-05 21:46:27

コメント(0)

2022.6.12ブログ「田植え終了」

植え機の植え付け部が壊れて詰まったりしましたが、

田植え機詰まり

5月29日に田植え終了。



機械植えで上手くいかなかったところを手で植え直して、

畦波シート入れ

畦波シートを入れます。水漏れがひどいのです。

畦塗りよりも効きます。でも畦波シートを入れるのも外すのも手間がかかる。

来年は畦塗りしようかな。

その後、水をたっぷり溜めて水田除草剤を撒きます。
実はこの「全部の田んぼに水をいっぱい貯める」というのが実に厄介な仕事。
なんせ水の貯まらない田んぼが多いから。
雨を待ってると降らなかったりして。

それを済ますとようやくホッとできます。

天気を見ながら育苗ハウスを片付け。

2022ハウス片付け①

2022畦波シート②

長くて大きいものを扱うので、連れに手伝ってもらう。
これは1人と2人では大違い。

合間を見つけて…、
いや、むりやり時間をひねり出して、映画に行く。
良い映画でした。リクエストした甲斐があった!

MINMATA

小出文化会館、良い映画やってくれて感謝です。

中高生にも見てほしい。
良い映画、若い人がほぼ来ていないのが残念。


春の忙しさが一息ついたとき、
それを知っていたかのように叔父が亡くなりました。
年末から病院→病院→高齢者施設→病院→病院
と移動してばかりで気の毒でした。

新潟に来たがっていて、7月にはうちから15分の所に入れることになっていたのに。

後のことは任されていたので、色々手続きして、葬儀をしてきました。
まだ処理するはたくさんあるけれど、5日間の神奈川から戻ってきました。

やっぱり山の中はいいな。

2022-06-12 12:19:45

コメント(0)

2022.5.26ブログ「農繁期」

気が付くと農繁期。あれよあれよと日々がゆく。

2022田起こし
これは5/17。写真中央上に見える白いのは雪。

固くなった土をほぐします。

その後、トラクターの刃を小さくてたくさん付いているものに替え、
土をトロトロに平らにします(代かき)。

そこへ水を張る。乾かないように。

2022代かき後
きれいですよね。毎年思う。
田植えまでの数日の景色です。

2022田植え
この小さい苗があの立派な稲に育つのだから驚く。
毎年思う。

半分植え終わりました。

代かきも昨日すべて終わりました。

代かきを終わらせてから田植えを始める方が決まりが良いのですが、
代かきの途中から、並行して田植えを始めます。
隣り合った田んぼでも、陽当たりの良し悪しで成長具合が全然違う。
同日に植えると収穫時期が合わなくなってしまうから。

コンバインはトラクターにキャリアーを付けたもので運搬するのですが、少々厄介。
登熟具合によりあっちの田んぼこっちの田んぼと往来するのは時間のロスが大き過ぎます。

田植え機なら自走が楽で小回りも利くので、各エリアの陽当たりの悪い所や高所の田んぼから植えていく。
そうすることで、各エリアでの登熟時期が揃い易くなるわけです。


土によって代かきから田植えまでの期間に違いがあったり、水が溜まりにくい田んぼは雨を利用したりします。
農機具に乗りながら「ここを植えているときに、あそこの田んぼに水を溜めて代かきして…、明日は雨が降るから…」
と段取りをしています。落語や音楽を聴きながら。

で、夏休みの宿題の計画如く崩壊するわけですね、大雨や忘却で。

排水口を閉め忘れて水が溜まっていなかったり、止めるべき水を止めていなかったり。

…などと書いているうちに「あ~‼」水を止め忘れていることに気付き、慌てて軽トラで田んぼに向かった22時。

2022畦花1 2022畦花2
畦の花が目をひく季節。
毎年3回も刈られながらも、毎年咲くたくましさ。

2022-05-26 03:38:34

コメント(0)

20220510ブログ「田んぼ雪解け」

ようやく田んぼの雪が解けました。

山際水路にはまだ残っている所はありますが。

で、毎度おなじみの水路掃除。
なじみたくないけれど。
あれ~、ここ、雪前に掃除しなったっけかなぁ~。
2022水路掃除

それから土作りの肥料の肥料撒き。
2022土作り

水路掃除は後回しにしても、明日には終わらせたい。

天気のいい時に。

苗はそこそこ育っております。
2022苗
毎年綺麗だね、君たち。

思ったよりもずっと水を吸い上げるようで慌てて水をあげたりして。

伐採や枝打ちも頼まれます。
いつも通り、つい撮り忘れる着手前。
枝打ち後

落ちた枝は畑の上と下が田んぼの急斜面。集めるしかない。難儀。

枝打ち片付け

本当は高いの苦手だし、プライベートの時間がなくてなくてストレス溜まっちゃうんだけど、

集落の年配の方のお願い、断りにくい。

でも、畑の陽当たりが良くなったって、ものすごく喜んでくれる。

それが嬉しい。

2022-05-10 21:38:23

コメント(0)

2022.4.28 ブログ「苗作り始まる」

いつもの如く遅ればせながらのブログ更新ですみません
 
ユンボで雪をどかした所に育苗ハウスを建てます。
ハウス1
ハウス2

そしてすじまき(稲の種蒔き)。
どちらも、IターンのNさんに手伝ってもらいました。

すじまき2022

17日と24日に併せて608枚。
苗箱
一枚で30×60センチの箱の籾155gくらいから30kg弱のお米になります。

さてさて少し前にこんな季節。
今は終わってしまったけど。
雪桜

毎年のように挙げている気もします。
近年、メディアによく取りあげられるようになり、観光客がすごいです。
数日間でキャンプ場に入った人で1700人。入らない人だって同じくらいいたかもしれません。
ここでは日常でも、珍しいし綺麗ですもんね。

でも、辺りには自販機も何もない。
お米を持って行って売ればものすごく売れる気もするのだけれど、
自分は勤めもあるし、常連さんのお米が足りなくなっちゃうといけないから行ってない。

誰かがたくさん売ったという話も聞かない。商売っ気のない地域。
ま、それがここの良さでもあるんだでしょうけどね。

店看板1 
我が家の小さなお店、オープンしました。
まだフェイスブックでしか宣伝してないけれど。

看板2

前回ピンボケだったので撮り直し。

店の中

もし来られる際は市井希までお電話ください。
08022618448

見るだけもOKです。

落ち着いたらこちらのサイトでも販売を考えています。
カレンダーみたいに。



叔父の終活で4月にも神奈川へ行きました。

【お上りさん①】
朝の満員電車。気が付くと周りは女性の人ばかり。
!!!!!!!!
これが女性専用車両かー!!!!
真面目に焦って慌てて次の駅で降りる。
怖くて周りの方の顔は見られませんでしたー。

【お上りさん②】
電車内のビデオを眺めているとふと目に入る
「クマ対策」の文字。
へー、相鉄線でも山が近い所があるかもしれんしなー。
どんな対策するんかな~、と興味深く見ていたら、
女性の目の下のクマの対策でした。
 

【お上りさん③】
帰りにラッシュにあたってしまった。
新宿から大宮へなかなか行けない。
満員で乗れない。
ようやく乗り込むと次の駅で押し出される。
そして、その電車に乗れない。
を繰り返す。

これは都会の方々、本当に大変です。
自分もかつては居たはずの東京神奈川。
田舎で楽をしちゃうと、都会の大変さをしみじみ感じてしまう今日この頃です。

2022-04-28 08:22:39

コメント(0)

2022.4.2ブログ「農作業開始」

毎年農作業始めは苗床の雪どかし。
3/23、2.3mくらい。
雪どかし④

8.5h、完了
雪どかし③

雪解けを待って、ここにハウスを作ります。

4/4から骨組みを始めて10日にはハウス完成予定。
平日の昼間は排雪の勤め仕事があるので、忙しくなります。

そして4/17にはすじまき(稲の種蒔き)予定。
それまでに苗箱の土入れです。

玄関でのお店開きも進行中。
お店①
お店②
看板なども新たに作成中。連れが。

改造ついでに居間の事務作業箇所も。
before
居間棚扉
after
居間棚
これはスッキリ気持ちいい!
いつまで維持できるかな(笑)。

勢いで屋根作業も。

ソーラーパネルの上の部分に雪が溜まる。
高く溜まる。それが凍って倒れたらパネルが割れそう。
なので年に1,2回、屋根に登ってスコップで雪を切って落とす。
傾斜がきついので滑って怖い。これは歳取ったら危険。

ということで改修工事。
屋根工事
屋根工事②

ここにトタンを貼って完成。

次の冬は雪が落ちますように。

2022-04-02 19:06:00

コメント(0)

2022.3.15ブログ「福山の雪上桜が横浜に?」

 4mを超えた雪。今は下がって3mくらいになってます。

日常的には問題ないものの…
丸車庫斜め
 斜めになってしまった車庫!

左から押されて右に傾いている。

なぜかここに写真を挙げると左斜めにされてしまう。
車の下のコンクリの境が右斜め上になってしまっているの分かります?
この境の線を水平にすると車庫がはっきりと右に斜めっているのです。

基礎のコンクリートも割れてきてピンチ。
時間と共にすごい圧力がかかってくる。

急いでバックホーを借りてきて雪をどかす。
夜ユンボ
雪をかなりどかして大丈夫になったけど基礎と鉄骨の間にもっとパッキンかまして抵抗力を上げなきゃな~。
雪の力が来る方に対して予め斜めにしておく、ということですね。

 
これは去年軒先の補強をした借り小屋。中にはトラクターが入っている。

雪足場
自然落下式の屋根なのですが、落ちないので登って雪を割って落としている。
それも危ないし、面倒。

落ち易くするためにペンキ塗り。雪の足場があって、雨雪降ってない日を狙って。
かつ勤めがない日は限られる。

ペンキ前
長い間にトタンは劣化し、すべらない状態に。

ペンキ後
これで少しは違うはず!これでダメなら仕方なし。

そして反対側の軒先も補強。

軒先補強2
一人なので、長い板はヒモでぶら下げたりしながら。
やはり真ん中あたりの軒は折れてる。
完了写真は暗くなって忘れ。
これであと15年持っておくれ。


 年度末は役員関係で忙しくなります。
傾斜のきつい田んぼに出る補助金、その受け手の地域組織の代表になってしまっていて、報告書類を作ったり、総会を開いたり。
議事録作ったり。
中山間地総会

移住促進活動の有志団体の代表にもなってしまっていてそちらも総会などなど。


 雑談日報になっておりますが…

 年末、神奈川県大和市に住む独り身の叔父が転んで両腕の骨を折って入院。
高齢でそのまま施設へ入る予定。
今はリハビリ入院中。
一昨年父の葬式の時に「何かあったら頼む」と言われ、確かに他に居らず、終活を支援。

病院と施設と行政書士さんと保険会社と役場と銀行と連絡を取りつつ、アパート引き上げ。

アパートbefore
1泊2日、連れと妹と別の亡き叔父のお嫁さんに手伝ってもらい何とか終わらす。
この台所の他に8畳。

アパートafter
おそらく40年以上住んでて、荷物が多くないわけなし。
軽トラ5台目の廃棄物は大和で間に合わず、魚沼へお持ち帰りになる羽目に。

お持ち帰り
冷蔵庫、テレビ4台、金庫、椅子、その他。 重い。

帰って来てそのまま除雪仕事へ。
これが2月の21、22日。

先週は初めての病院面会。コロナでなかなか会えない。
生命保険の人と司法書士さんにも来てもらって。

最初はちょっとボーっとしてた感じだったけれど、話をしていて45分後くらいからはかつてのおもしろいお叔父さんが顔を出し始めた。
コミュニケーションって本当に大事なんだなと痛感。
脚も骨に近く細くなってこのままだと車椅子から離れられなくなりそう。
もっと頻繁に行けると良いのだけれど。
認知とかで財産が凍結しちゃわないようにしないと施設のお金も払えなくなってしまう。

終活はなかなか大変だ。これを機に親や自分の先のことも考えなくちゃ。


 神奈川に行ったので、高校の同級生のギャラリーを訪ねる。

HIROさん単独のギャラリーCoZA。
彼女のウェブサイトはこちら。世界を股に活躍中!
 https://hiromi-shine.art/

ヤグさん

ここ福山の雪上桜の写真をすってきな絵にしてくれた。
その時期特有の空と色とみたいなものがあるんだけれど、そういうものまで感じられる妙。

この絵、8月からは上野の森美術館でお披露目だそうです!

どの作品も素晴らしき。
以前に描いてもらった朝焼け。うちのすぐそば。感激。

ヤグ絵
HIROさんは子どもの頃、柏崎のおばあちゃんの所で自然の中で遊びまわっていたそう。
きっと新潟の空気が組み込まれている。

オーナーさんも親が新潟で、山菜とかの話で盛り上がりました。in横浜市港南台

2022-03-15 10:05:06

コメント(0)

2022.2.20ブログ「お店にするか?」

最大で3.7m積もった雪。

でもここは大丈夫。雪に強い集落。

4.8mだって暮らしていける。

夜中に53センチ積もって出動するときはこんな感じ。

大雪

あ、似たような写真あったかも

5~6時間かかってきれいにして戻ってくると、20センチも積もってたりする。

4mのスノーポール(除雪の目印)もたまに掘り出してあげないと埋まっちゃう。

ポール出し

雪に強い地域と言っても、管理は必要。雪は重い。

「直してもらえないろっか?」と地域のおばちゃんから連絡あり。

軒がもげて丸々落ちてる…。以外にもろい造り…。

雪は片付けてくれてあった。

壊れた軒

私は本職大工ではないんですけれど…。

お世話になっている人なので受けました。なかなかプライベート休みにたどり着けません。

隙間風の入る木の窓をサッシにしたいらしく、サッシ待ち。

壊れたものをバラシて、壁の下地を造ってビニールを貼っておく。
写真無し。
 

連れは相変わらずカバン作り。

カバン3 かばん4

売れるんじゃないか?

ということで、うちに売り場を作ってお店もどきにしちゃおうかという話になる。

売るのは、米、みそ、かばん、アクセサリーなどの小物、連れの絵・カレンダー・一筆箋、私の本。

5/1オープン目標。

もう、あっちこっちきれいにしないと、お客様をお招きできない。

なかなかに唐突で壮大(?)な計画だ。

もしかしたらこのブログを見ているお客様に逢えたりして~!

ちょっとおもしろいかも。

追ってお伝えしまーす!

2022-02-20 20:57:56

コメント(0)

2022.1.30ブログ「美景色」

この間、たまの晴れ間。シンプルな景色に車を停めます。

下界へ降りる途中。元気になります。

雪景色2022 雪景色200-2

トラクターを入れさせてもらってる小屋。
自然落下の屋根でも落ちるとは限りません。(雪の積もった写真撮り忘れました。)
屋根雪が積もり、軒先が折れていきます。
軒先

この軒先、かなり折れちゃっています。
このままだと完全に折れ下がるのは時間の問題。

これは屋根に登り、積もった雪を下ろしたところ。
屋根の真ん中の雪を取って行くと、雪が割れて左右に落ちます。
一緒に落ちないように注意。

そして、直しました。
軒先修理
垂木一本一本につっかえ棒。

下がっているのを上に上げるには車のジャッキを利用。
つっかえ棒の受けに入れた木材にかろうじて置いて、クルクル上げる(写真無し)。
でも、どんどん上がっちゃうから難しい。
ある程度上げて順々につっかえ棒を入れるけれど、前に入れたつっかえ棒が緩んでくる。
少し長めに作り直し、何回もやり直して結局1日がかり。

最後は、より固定化するために横に板材を打っておしまい。

別に上げたくない大工スキル、やるしかなくて上がっていく。

終りには暗くなってヘッドライトで作業。この写真、明かり補正してます。

これで15年くらい持ってくれないかなぁ。
自分70歳で引退する頃のはず。(今日誕生日。)
そんなに生きれるか分かりませんが。

上記の大工仕事、雪足場があるからできたもの。
雪足場はよく使います。

伐採を頼まれていた下の枯れ木。

枯れ木

結構太くて、自分のチェーンソーでは両方から刃を入れても届きませんでした。
なので、積雪を待って刃が届くくらいの太さで伐りました。

枯れ木伐採
それでも結構太かった。

栗らしいんだけれど、枯れて硬化していてやたらと硬かった。

倒れた木をある程度伐って、ザっと片付けておしまい。

雪の合間の外作業でした。

さて確定申告しよ。
く~!去年の農器具修理費50万円超えか~!

2022-01-30 14:09:55

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5