工房茶助

100%魚沼産コシヒカリ低農薬のお取り寄せお米通販サイト

商品には別途送料がかかります。
ご購入手続きの中で都道府県ご記入後明示されます。

詳しい送料についてはこちら
「バリエーションを全て選択してください。」という表示が出た時は、
  「カートに入れる」の直前の分づき」選択をしてください
 電話・FAXでの
 ご注文もできます。
作り手の声

 
雪むろバナー2
農薬バナー2
 
斑点米バナー2
 
分つきバナー
 
福田朗子バナー
 
バナー4コマ
 

商品カテゴリ

コンテンツ

商品一覧へバナー
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2022.12.3ブログ「初雪」

 昨日初雪。
2022初雪
そして初出動。
初出動
今朝は良い天気でキラキラ。
キラキラ1 キラキラ2 キラキラ3

雪降るまでに、とここ1ヵ月やっていたこと。

①土嚢袋移動
 大雨で崩れた土手を直すのに作った130もの土嚢袋。業者が工事をしてくれて、不要になった。
で、それを運ぶ。土側溝の水路が溢れる所とポンプで水をまわすために溜めておくところ。
土嚢運び① 土嚢運び②

②畦直し
元々狭い畦。トラクターで少しずつ削られる。草刈りをしているときに滑って田んぼに落ちてしまうようでは限界。田んぼの土を持って来て畦の幅を広げる。
畦直し① 畦直し②

③土壌分析
 10年ぶりくらいで土壌分析を依頼することに。新しい田んぼも増えたし。もちもちしたお米ができる田んぼは何が違うのかな。
良く干して、ほぐしてふるいにかけて提出します。今回は五つの田んぼから。
網は猫のおしっこ防止。
土j峰分析① 土壌分析②

③川の石移動
 写真右下に大きなポンプの給水口がある。そちらに水が流れるように石が積んであるのですが、冬場の増水で石が流されないように両脇の石を移動して水を逃がすようにします。春には戻します。
石移動

④電気柵撤去
 猪除けの電気柵。250m前後を3ヶ所。半日では終わらず。
電気柵撤去
ただ、問題がありまして、あまり早く撤去しまうと、その後に猪が来て畦を滅茶苦茶にしていく。ミミズを食べるために。
なので、忌避剤を要所要所7ヶ所に吊るす。
忌避剤① 忌避剤②
猪が慣れてしまうと効かなくなる。雪が降るまでの間、効果を発揮してほしい!
雪は遅い方がありがたいんだけど、この点だけで言えば早く降ってほしいという我儘(笑)
おそらく大丈夫だったはず。

⑤基礎工事
 前回の冬、雪に押されて壊れてしまった丸車庫の基礎。入口左右共に。
ギリギリまで直せなかったけど、ようやく重い腰が上がる。
基礎工事① 基礎工事② 基礎工事③ 基礎工事④ 基礎工事⑤
鉄筋で補強して、ひとまずきれいにしたけれど、あとは雪の管理如何。

⑥乗り入れ口補修
 農機具の乗入口が急でガクンとなる所を削る。
乗入口修理

⑦水路掃除
 1㎞ほどあるU字溝水路。春にもやるけれど、それだけではきれいに維持できない。
今、泥や葉っぱが溜まったままだと、春には水が溢れて酷いことになるので。
水路掃除
これは暗くてもヘッドランプでもできるので、どうしてもそうなる。
夕方5時には暗いですもんね。
長すぎて、とにかく雪が積もるまでできる所まで。
これとは別の土側溝1kmは諦め。

⑧薪集め
 この冬用の薪をこなして積むのを何とか終える。来年用の薪が全くないので集める。
この時期はほとんど水を吸い上げていないし、葉っぱも落ちていて、木集めには最適。
薪集め
初雪までに軽トラック4台。全部で10台は欲しい。
今の雪が一度溶けてくれればまた行けるんだけどな。

平日日中の山仕事は枝打ちや除伐。
もう少し続きます。

実は忙しい稲刈り後。
でも、
もういいやまあいいかの雪景色。

2022-12-03 11:39:17

コメント(0)

2022.11.5ブログ「稲刈り後あれこれ」

 一ヶ月で約300件の出荷(HPからはあまり多くありませんが)。ありがとうございます。
新米、ご好評頂いております。

 前回のブログからあっという間に3週間近く経ってしまいました。
山仕事に復帰。勤めから戻りひと仕事して、夕飯を食べると眠くなってしまう。
メール確認などPCを開けるものの、しばらくすると自分が何をしているか分からなくなる始末。

 早起きするも、出荷関係や田んぼ関係の書類など急ぎのものを片付けていると出勤時間に。
身体の劣化だけでなく、事務仕事もこなせる量が減るものなのですね、55歳。

稲刈りをする前から届いている肥料申込用紙。
収穫量がはっきりするとすぐに来年の肥料注文です。
ここ数年の各田んぼの収量とにらめっこ。
肥料設計
田んぼは1枚1枚違います。肥料をた~くさんあげても実りは大したことなかったり、少し増やすと転んでしまったり。
今は、年間で5回ほど施肥していますが、反当りの基準量から少しずつ増減させたりしています。
少々面倒なのですが、続けることで転びにくく収量のムラが減ってきました。
4年前の反当りの収量は5.6~8.9俵
今年は6.3~8.1俵。
今年は少な目ではありましたが。

そうそう、肥料の値上げが凄まじい(涙)。
1.5倍くらいになるものもある。苦しい。

自民党がなくした戸別所得補償、復活しないかなぁ。
軍事費ばかり増長させないで。

 先週の日曜日、夫婦で南魚沼の八色森公園のイベントへお米販売に行ってきました。
八色①
八色2
8000人の入場があったらしいけれど、売れたのは白米2㎏が10個、玄米30㎏がひとつだけ。
5㎏はゼロ。重いのは嫌だろうし、魚沼だとここでわざわざお米買わなくてもいいんだしね。
ま、およそ予想通り。リピーターの方が一人でもいてくれると良いな。

最大の収穫は米どころ塩沢の阿部農園さん夫婦にお逢いできたこと。
なんとほぼ夫婦だけで200枚も作っていらっしゃる!
凄すぎる。そしてとても良い感じのお二人でお喋りも楽しかった。
同志感が出てしまう。
写真撮れば良かった~。
お互いお米を買いあったりして(笑)
向こうのお米も美味しかったです。

 少し前の週末、共同で凸凹の農道補修を行いました。グリズリーと言われるアスファルのトがら敷きです。
アスファルト1
アスファルト2
土建屋さんOBを引っ張り込んで6人で90m。
集落に各種経験者がいて、素人がメインでも何とか形になりました。
いろいろやる百姓。

 冬支度が始まっています。
何より気掛かりは薪作り。夕方はすぐ暗くなってヘッドライトで。
薪作り3

薪作り1

一通り切って積み上げる。
薪置き場①
薪置き場②
ん~、ちょっと足りないかも。
でも、ま、いっか。他の仕事も色々あるし。

 稲刈り後再開した森林組合の仕事は杉林の下刈り、枝打ちなどをしていますが、大物を少しご紹介。
建物の間の大木。どちらにも倒せない。
吊り伐り①
ならば、上。
吊り伐り③

吊り伐り②

重いので1本の木を3回くらいに分けて。

台風や風の強い日はさぞ心配だったことでしょう。
喜んでもらいました。
家の近くの木を伐るのは早い方が得策ですね。

 別の日には社際の大木。直径115㎝。
枝が危険、中が腐り始めている、ということで伐ることに。
雪国の泣き所です。
社吊り伐り
社吊り伐り2

重いので長くは伐れない。

伐っているのは先の現場と同じ、極めて優秀な後輩。

自分は下で枝を落として片付けたり、木を動かしたりしてます。
社吊り伐り3
右側の細長いの上の3本、手で動かして載せました。
元炭焼き、やればできる。
なんて、カゴの中で吊られて伐るのはとても大変で、それをやってくれる人が育ってくれたのが本当にありがたい。
高い所が怖いおっさんにとっては。

さて、今日は山仕事の休みを取って、
畦補修と水路周りの手入れだ。
う~、眠い。

2022-11-05 09:58:28

コメント(0)

20221016ブログ「稲刈りほぼ終了」

10/4 刈り取りは終了。

稲転び
今年は稲が倒れた所がそこそこありました。
溝切りをしっかりしていたのでヌカって大ごとにはなりませんでしたが。

10/12 籾摺り完了。
すべて玄米となりました。
260俵。
​(反7.4俵は決して多くはないけれど、今年のここいらでは悪くないみたい。
きれいで美味しいし。)

雪むろ(写真は前室の前室)と家の横の倉庫に移動しました。

雪むろ’22 倉庫米’22

コンバインも掃除。ポンプで泥を落とし(写真無し)、開けられる所を開け、出来るか限りきれいにします。

コンバイン掃除① コンバイン掃除②

コンバイングリスアップ
キャタピラ周りのグリスアップもします。

オイル交換
オイル交換も。
6.5ℓも入る!あ~!足りない~。後日足す。

コンバインの掃除と整備は1日では終わらなかったりします。

籾殻の処理をしたり、
稲刈り片付け

乾燥機をあちこち開けて掃除。
乾燥機掃除

掃除のし易さ改善してほしい。真下の蝶ネジとか勘弁してほしい~。

(今の随分掃除し易くなっているらしい。要するに古い。)

穴が開いてモミが降ってくる箇所の部品も交換。

乾燥機修理


選別機掃除
計量選別機もきれいにしよう。

コンバインを運ぶキャリアーもギリッギリのスペースに入れる。
これは小屋からは離れた家の近く。
コンバインカー 

14日からの山仕事復帰はずらすことができない。

1日くらいゆっくり休んでから行くつもりで予定を立てるけれど、

結局、毎年ギリギリまでやってる。
結局、最後はヘッドライト。 
小屋バラシ 
外の小屋もバラして片付け。

’22収納 
コンバインをこれまたギリギリに収納して、一区切り。

籾殻を燃やした後の処理がまだ少しあるけれど。


年貢を渡した後のお礼など、秋は色々美味しいものを頂く。

’22秋野菜

地元の山栗をもらって栗むき。
栗むき

こういうのはやっっぱり二人以上でお喋りしながら。

そして至福の新米山栗ご飯!
’22栗ご飯  

味噌汁も菌床栽培のナメコと新長ネギ。
写真には見えていないけど、カブときゅうりと人参の麹漬け。
和食万歳。

栗ご飯でなくても、十分美味しいご飯。ご賞味ください。

2022-10-16 22:42:50

コメント(0)

2022.10.5ブログ「息子と間違われる嫁」

背中の痛み、治りました。
1日肉体労働をしないとこんなにも回復するものかと驚きました。
早めに整体に行って良かった。助かった。

高倉健のイメージで巻いたサラシはすぐに落ちてバカボンのパパになったけれど(世代が…)。
連日の晴れに稲刈り三昧でした。朝と晩はモミ摺りして玄米に。

発送もあるので、早朝に精米。
朝焼け
田舎の朝はビューポイントばかり。

3年前にコンバインを新調し、3条刈りの全面刈りになったので、こんな刈り方ができます。
中央突破
突っ切って行って刈り易い位置につける。
2条刈りの時は稲を踏んでいってしまうので不可でした。

入口から刈りやすい田んぼばかりではありません。
以前はそんな入口や角を広く手刈りしなければいけませんでした。
手間がかなり省けます。ま、高いんですけど、3条刈りコンバイン(急にしょっぱい展開)。

モミを乾燥し、籾摺りのために2階のモミマスに上げているとき、モミがパラパラ降ってくる!
天の恵みか!
否。
途中のパイプに穴が開いている。テープで補修し部品注文。
ブロワ
乾燥機あるあるなのです。
モミが当たりほんの少しずつ削れて、金属に穴が開いてしまう。
地道な努力(違う)。

途中、新規移住者Nさんのサポート。
人力米と称して田んぼをクワで耕し始め、手植え、草取りしまくり、見事収穫までたどり着きました。
手刈りで天日干し。
でも、脱穀と籾摺りは難関。今年は妥協して、うちのコンバインと籾摺り機使用。
この冬違う手立てがないか検討するとのこと。
初めて玄米になった時はとっても嬉しそうでした。
それはそうだよね。うんうん、わかる!
中嶋米

そうそう、今年のお米、とてもきれいです。
新米きれい
カメムシ被害による斑点米も幾らもなくて、色彩選別機に掛けなくていいくらい。
まだ、一部の田んぼの精米をしただけですが。

そして美味しい。

精米所の談笑一コマ。
精米所のおばちゃ(左)は仲良し。とても気持ちの良い方。
そして、今日はたまたま元森林組合の先輩(右)。
現在83歳でバリバリ現役百姓。若さに驚き。

そして「せがれかい?」と間違われた連れ(真ん中)。
談笑
笑うしかない。娘じゃないところが。笑。本人も。
僕と似ていたからつい間違えたと謝っていたが、楽しいだけだから大丈夫。
昔から似ていると言われている。
もちろん、たまたま。笑。

これから籾摺りと米移動。コンバイン整備と小屋片付け。籾殻の処理等々。
まだしばらくは山仕事お休みです。

2022-10-05 02:53:50

コメント(0)

2022.9.29ブログ「稲刈りトラブルず」

稲刈り真っ最中です! 
新米も販売始めました!

さて稲刈りは9/22スタート。

そして間もなく、畦のコンクリート部分にぶつける。
大事な爪を曲げた(泣)。
そしてこれは絶対に曲がってはいけない方向。
コンバイン爪曲げ

爪でなく、本体が曲がっていて、爪を外して、単管パイプで力技。
コンバイン爪戻し
あれが必要これが必要と、家まで何度も往復したりして。トラブルはあっという間に時間が過ぎる。

初日はたまたま来ていた長女の彼もコンバイン初体験。緊張緊張。
稲刈り初日

一枚刈り上げて乾燥機の乾燥設定をしてスイッチを入れると…
しばらくして「ピ~!」 警告音。
水分計が機能していない模様。

水分計
分解掃除。普段空けない所まで開けてゴミを取り除く。
農機具屋さんに来てもらったら、おそらくこれだけで1万円くらいかかる。
詰まっているゴミは無い。
でも「ピ~!」。
何度やっても「ピ~!」

どうやらそもそも水分計にモミが入って来ない。
観念して農機具屋さんに連絡して明朝に来てもらうことに。
乾燥は風だけで回す通風乾燥のまま一晩。

で、明朝、試しにもう一回乾燥してみると、直ってる。
え?なぜ?
上の方の詰まりが何かの拍子に取れたのでしょう。
でも農機具屋さんはこちらに向かっている。
トンボ帰りさせちゃ悪いから、乾燥機を全般チェックしてもらおう。ベルト関係も含め。

チェックの結果。
バケット交換②
モミを上へ上げるバケットが替え時をとうに超えてすり減っている。
これも水分計にモミが行きにくい要因だし、何よりすくえないモミでコンベアが詰まる可能性が高い、とのこと。

急きょバケットを注文。
稲刈りを延ばしてでも詰まってトラブルよりはマシ。
バケット交換①  バケット交換③
う~、狭くて替えにくい。そして54個!多い!
3時間以上かかって完了!

あ、籾摺り機のゴムロール替えてなかった!
ロール交換

さて、一枚目の乾燥を終えて籾摺りしてお米になると、
待ってくれている方々を想い精米へ。300㎏。

峠朝陽 
子どもの送迎がなくなって、峠の朝陽を見る機会もなくなっていた。
久々に素晴らしい景色!

昨日は出荷62件。
 出荷62個
そんな一人一人の方々のお陰で今日も米作りができます。
心より感謝です。
明日も30件ほどの出荷。

出荷と併行して稲刈りも順調に進み、30㎏の米を移動しまくる日々。

あれ?背中がちょっと痛いぞ。腰じゃなく。

段々、痛いぞ痛いぞ。
お世話になっているカイロプラティック整体に連絡すると、その日の夜診てもらえることに。
ありがたい。

結果は、背中の関節のねん挫。

え?ねん挫?背中でそんなことあるの?

…あったのでした。

20㎏と30㎏の米を移動しまくっているときに変なひねり方しちゃったかな。
記憶にはないんだけれど。
気候が変わるときや寝不足で脳が疲れているときになり易いとのこと。
それは心当たりあり。
最近、疲れて夜9時前とかに寝ちゃって1~4時に起きるなんて生活続いちゃってたし。
気疲れする考えることも多かったし。

ともあれ、ねん挫なので固定してなるべく動かないでいるしかない。

さらしを買ってきて高倉健ごっこ。
 さらし
持っているのはホウキですが。
(コンバイン焼けがすごい首)
とにかく次の日(今日)は農作業諦めました。溜まっていた事務仕事に従事。
HP更新もね。

まさに稲刈り日和の晴天!
百姓の血が騒ぎましたが、我慢。
昨日よりは良くなった。

明日は刈るぞ!
籾摺り以降の重いの持つ作業は控えよう。

2022-09-29 20:11:45

コメント(0)

2022.9.15ブログ「猪再再来」

稲刈りまで一週間。
稲刈り一週間前
19日夜から台風上陸予定。

台風を待って稲刈りみたいな感じ。倒れてヌカるのだけは勘弁。
もう、そこは祈るしか無し。

祈りが効かないのは猪。
猪突入
電気柵を支柱ごとなぎ倒して、またも入られました(泣)

支柱を丈夫なのに替えてロープで引っ張る。
(写真、暗くなって忘れました)

本体も電流の強い方と交換。

それが9/10。一応それからはここに再来していない。

が!

違う所に来た(涙)
今日発見。
猪再々来
川を下って500mくらい離れた所。
イタチごっこ。
電気柵代がかかってかなわない。
一基設置するのに7.5万円以上かかる。
既に3基設置済み。

この田んぼは小さいから様子見て、来年は作付けをやめようかな。
小さいのに草刈る所多いし、水漏れで収量少ないし。

でも、ここの近くには道路を挟んで5枚もある。
そこに目を付けられたらピンチ。
もろにピンチでそうなったら電気柵必至。

猪の通り道を決定できればくくり罠の可能性がある。
相当に難しいらしいけど。
何とか退治したいなぁ。
とうとう他の人の田んぼにも入り始めた。
うちの田んぼが人気No.1なのは変わりないけれど。

穂肥の魚エキスペレットの強烈な香りが呼び寄せているのかな。
来年は肥料を変えてみよう。
農薬もあまり使わないから、猪や餌になるミミズにもいい環境に違いない。

美味しいものを作るのは難しい。

とは言え、これも温暖化の影響。身から出た錆。


さて、気を取り直して、稲刈りに向けてヌカりそうな所をチェック。

ぬかる田んぼ
ここは危険。溝を切り直した。

原因は上の減反田んぼだと分かっている。
分かっているけど、手を付ける余裕がなかった。

今もないけれど、今年は乾きが甘くて危険なので、ついに土工事を始める。
排水工事①
元々ある排水口は高すぎて使い物にならないので、掘り直し。

まだ浅い。さらに掘って、3.5mの塩ビパイプを埋める。

あー、書くのは簡単。スコップ作業。

排水工事②

そこに流れるように溝を掘る。
ヨシなどの草の根に翻弄される。
草の根の塊、強し。

排水工事③

たいてい山仕事の後なので暗くなるのが早すぎる残暑厳しき秋。

排水工事④
少しずつ数日かけてようやく完成。

帰宅後、ドロドロのものを洗って、お風呂入って夕飯。
毎日ヘトヘトで、夕飯後事務仕事できず。
ブログも書けず。
すぐ、10日間も過ぎちゃいます。

日中の山仕事は除伐(杉林の手入れ)。
作業前↓
除伐前

作業後↓
除伐後
まるっきり同じ場所ではないですが、大体こんな感じになります。

車から遠い所は山ご飯。
山ご飯

晴れていれば悪くないです。
でも、アリや蚊、ハエなどに昼寝は邪魔されます。

明日は猪被害の稲刈りをしよう。

2022-09-15 21:13:59

コメント(0)

2022.9.4ブログ「猪現る」

ようやく腰痛も良くなり、山仕事に復活。

久々にいつもの日常が戻ると思っていた矢先、
猪侵入
猪侵入(涙)。
おそらく8/28頃。

また来る可能性が高いので、忌避剤として木酢液を撒く。
木酢液
コーラじゃないよ。

奴が入ると、稲を泥の中に滅茶苦茶に踏み込んでいく。

それを全て刈り取る。
泥稲刈り
泥稲束

ある程度溜まると(すぐ溜まっちゃいます)泥稲は外へ出して捨てる。
泥稲は結構重く、足場も悪いのでそんなに多くも持てない。

そしてそれを自撮りする余裕なし。
とにかく、踏み込む方向も滅茶苦茶で刈りにくいことこの上なし。

これは相当にしんどい仕事ですね。

山仕事から戻ってドロドロ稲刈り。

そんな日々のとある朝、落としてスマホ壊す(涙)。
破損
カバンの上から滑り落ちただけ。当たり所が悪く、液晶映らず。

お客様からのご注文もあるかもしれないし、焦るけど、復旧にかなり時間を取られる。
ドコモに行って2日後に交換器が届く!早くて助かった!

が、

我が家のネット環境が悪すぎて24時間経っても復旧できず。
大体、悪いことは重なる。時間取られ過ぎて泣きたくなる。

とにかく、もたもたしているとまた猪がやってくる。
一昨年、何度も何度も入られ、どれだけ苦しめられたことか。

とにかくきれいに草刈りして電気柵設置。
電気柵①
電気柵②

2枚を囲む。約200m×2本。
これが9/3。
その後、泥稲刈りを続ける。
泥稲刈り2
これは一部。
なんとか終わらせた!
腰が痛いなんて言ってられない。

草刈り
9/4。ここも電気柵を張っている所。柵の内側の写真。草刈り3回目を終えた。

草が電気柵に付いてしまうと漏電を起こして猪への効きが悪くなるらしい。

柵下の草刈りが忙しい。

以前張った柵に稲穂が垂れてきて触れそうになっている。
柵を外側へずらす。
暗くなってきて、写真撮れずに丁度良くずらす。
これでいいはず(最後はヘッドランプ)。

そうそう、今日は雪むろから玄米30kg最後の24袋のを取ってきました。
雪むろから米
新米とはまた少し違う落ち着いた美味しさ。

…眠い。
おやすみなさい。

2022-09-04 22:08:24

コメント(0)

2022.8.26ブログ「腰痛」

8/25の稲穂。きれいです。

8/25穂

 この間の日曜日のメイン作業はヒエ取り。
水漏れ田んぼ。
取ったヒエ

この束で全体の1/4くらい。

ヒエが結構重くてかさもあるので、一列80mをいっぺんに行けない。

5時間ほどできれいに取りました。

とは言え、必ず取り残しはあって、あとでまた顔を出してくるので再チェックが必要。

 8/10にブログで書いた水害復旧の件。
一応県道で、業者が来て治してくれました。
水害復旧業者
さすがにきれい。

これと比べれば(涙)
水害復旧⑦

撤去された大量の土嚢袋は、溢れてしまう水路周りに使おう。後で。

 お盆前から体調を崩して長めに休んだ後、

山仕事は急斜面で重い刈り払い機、帰宅後は水路そうじなどが続き、
最近、なりを潜めていた腰痛が出てしまいました。

やることたくさん溜まっているけど、仕方なし。
森林組合にも迷惑かけてしまっています。

月曜日までに復活したく、おとなしくしてます。
漫画読んだりして。
これ、おもしろかったです。
青の花

2022-08-26 17:21:12

コメント(0)

2022.8.20ブログ「実りを横目に」

草刈りは飽きるけれど、この時期の穂を見るのは毎年飽きない。
特に早朝。
朝穂

お盆が過ぎ、炎天下も弱まりホッとしています。
雨の日も増えて来て、田んぼの水もほとんど心配が要らなくなってきました。

なので
水回りの片付け。

エンジンポンプを4台撤去。(サエナイシャシン)。
エンジンポンプ

長々と引っ張っているホースもたたむ。

ホース巻き

水漏れ防止の畦波シートも抜いて巻く。
畦波シート巻き
田んぼのへりに差し込んであります。畦塗りよりも長くしっかり効くのですが、なんせ手間が…。

12枚の田んぼで長々と入れている。
毎年 悩みつつも結局入れている。
すぐに水が抜けてしまってエンジンポンプを回さないといけなかったり、遠くの田んぼの水見を何度も行く時間が無かったり。
それを補うための畦波シート。

最もしっかり水が溜まってほしいのは…

田植え後の水田除草剤撒きの時。3日は水が残っていてほしい。水を足して動かしてしまうと効きが悪くなる。
そんなささやかな願いのためには手間が必要になるわけですね。

それと穂肥の有機肥料ペレットを撒くとき。
水が無いと溶けずにその場でカビるだけなので。

真剣に水を溜める努力をしても、どこか底から水が漏れて除草剤が効きにくい田んぼあり。
ヒエ
丸印はヒエ!

写真で確認できるだけでこれだけあるってことは…

今日の午後と明日の日曜日はヒエ取り予定。
​この水漏れ田んぼは毎年困らされている。

そうそう、電気柵の下の草もすぐに伸びてくっ付いて漏電しまくり。
電気柵下草
200mくらい×2、草むしりしました。

草刈りだとすぐ伸びる。
除草剤(バスタ)使ってもすぐ伸びる。

ラウンドアップを濃くして撒けば効くかもしれないけれど、それだけは出来ない。
毒性強すぎ。

もちろん電気柵の下だけに雑草が生えるわけなく、
畦草刈りもたっぷりと残っています。
かなりの部分、アルバイトのNさん頼みです。

草刈りはあるけれど、水管理がほとんどなくなったので、田んぼは随分楽な時期です。

山仕事は杉林の下刈り。
こちらは草ではなく木々。
除伐前
杉以外の木々や草を刈ります。

でも、作業後の写真を撮り忘れてしまった~。
とってもきれいになります。
伐った木は肥料に。

いやあ、本当に涼しくなって助かりました。
皆さんの所はいかがでしょうか。

2022-08-20 08:29:13

コメント(0)

2022.8.12ブログ「稲元気」

先日、ちょっと元気無き我が身のことを書いてしまいましたが、

稲のことを書き忘れました。

稲は元気!

2022稲穂

そして美し。

2022稲穂2

美味しいお米になりそう。

ごく稀にヒエが顔を覗かせているので取っています。

中にはちょっと茶色い穂や葉もありますが少しくらいなら問題なし。

たまに雨も降ってくれて、順調です。

そうそう、この時期のごちそう、
トウモロコシご飯!
2022とうもろこしご飯

2022-08-12 10:25:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5