工房茶助

100%魚沼産コシヒカリ低農薬のお取り寄せお米通販サイト

商品には別途送料がかかります。
ご購入手続きの中で都道府県ご記入後明示されます。

詳しい送料についてはこちら
「バリエーションを全て選択してください。」という表示が出た時は、
  「カートに入れる」の直前の分づき」選択をしてください
 電話・FAXでの
 ご注文もできます。
作り手の声

 
雪むろバナー2
農薬バナー2
 
斑点米バナー2
 
分つきバナー
 
福田朗子バナー
 
バナー4コマ
 

商品カテゴリ

コンテンツ

商品一覧へバナー
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2020.2.5「暖冬で起こる予期せぬこと」

冬、暖か過ぎると予期せぬことが起こります。

イノシシと出会いました。
雪深い所では生きていけないイノシシ。
これまでは居なかったはず。

秋に雪の少ない所から時おり流れてくることはあっても、4mもの雪の中では生きていけないので、ここらに居座ることはない。
ところが、去年も暖冬。今年もこれまででは予想もできない暖冬でイノシシが集落際まで入り込んでいる。

夜、息子の迎えの帰り。集落近くの峠道の真ん前をイノシシが横切る。
車の真ん前、急に視野に入り、本当にぶつかる寸前で急停車。
デカい!熊より大きい感じ。
熊は急いで逃げるけれど、イノシシは悠々と歩く。
怖さも感じる風貌。
写真を撮る暇がなくて残念。

でも、「イノシシ見たー」なんて呑気なことは言っていられなくて、
こ奴が田んぼに入って荒らすと米に匂いが付いて売り物にならなくなるらしい。
乾燥、籾摺りなどで他の米と混ざるとそれにもうつってしまい、大打撃を受けるらしい。
幸い、出没した場所とうちの田んぼは幾つも沢を挟むし、距離もかなりあるのでしばらくは心配ないと思うが、油断はできない。
かと言って簡単に防げるわけではない。
駆除か電気柵か。
猟師の友人にイノシシ発見の報告をしたら翌日来てくれた。
これまでも相当数仕留めているツワモノだ。正面から突っ込んでくるイノシシの眉間を狙い撃ちすることもたまにあるらしい。

2匹向かってきて、2匹目を仕留めるための弾を入れる時間がない。でもイノシシは向かってくる。

どうしたか?

間際までイノシシ引き寄せてかわし、腰に据えていた剣ナタで一刺しで仕留めたらしい。

ただ者ではない。

2時間ほど足跡を追ったが沢に入り跡が分からなくなってしまったらしい。
雪が1mもあれば人間の移動力の方が早くなるらしい。

普通の人は追わないけどね。

もう一つ。
このままだと、雪むろに入れる雪がない。(雪むろに関してはこちら。)
1年中常時2℃前後で保管されることの意義はあまりにも大きい。
常温で保管していたお米を夏過ぎに食べたら、それはそれはがっかりする。
これが魚沼のコシヒカリ?と疑われても仕方がなくなるほどに劣化する。

それをカバーするためには30㎏玄米が140袋入る保冷庫が必要。
100万円くらいかかるし、場所もいる。
それくらいの大きさだと200Ⅴの電源もいるし、ランニングコストも相当なものだ。
家計的に大ピンチである。

イノシシが居座りませんように、願う。

温暖化対策しっかりしてくれ、世界の指導者。
他人任せは得意ではないけれど、これはどうしようもない。

夕陽2020
何気ない夕陽。きれいなものがきれいなままでありますように。

著書、お陰様で予約が130冊程になりました。
ありがとうございます。ポップも作りました。
ポップ
縦にならない。

 

2020-02-05 09:34:34

コメント(0)

2020.1.22「魚沼雑記」

 昨日、久しぶりに雪が10㎝積もって除雪車出動。
10㎝なんてひどい時には1時間で積もる量なのに。
本当に深刻な暖冬になってしまいました。

【身体のメンテナンス】

首やら腰やら時折痛むので月いちくらいでメンテナンスに行っているのだが、これまで通っていた所が辞めてしまった。
先月から知り合いお勧めのカイロプラクティックへ。
すごく丁寧に説明しながら身体のズレを治してくれる。
この身体ゆえの特徴も教えてくれて、対処方法を指導してくれるのもありがたい。
そして、穏やかさと懐が広そうで安心できる感じがすごくいい。
また良い先生に出会えて良かった。

腰痛には太ももの筋肉を付けてあげると負担が減るらしい。
スクワットが取り組み易いということなのでこの一ヵ月続けている。
少しずつ増やして今160回。
いつまで続くかなぁ。

「よこちょうカイロプラクティック」要予約です。

【本のチラシ】

本の宣伝チラシが出版社から届く。
チェックしたつもりが、僕も本の校正をし過ぎていてチェック機能が壊れていた模様。
間違いを発見。今更。
とにかく直す。
本チラシ
1500枚、一枚一枚修正。
良かった一人でなくて。

友人知人などあちらこちらにご協力をいただいてもうすぐ終わってしまう1500部。
出版社に、余裕持ってあと1000部の増す刷りをお願いしたら2000部来るって、…。
ハードル高いんですけど、社長~。

ぼちぼち、ご注文をいただいております。

【老害?】

 3合40個のお米の特注があった。
3合袋

これがヒモが細くて小さくて難しい。
こういう細かい作業が年々下手になってきているのが分かる。
52歳、老害?まだ人様に迷惑かけるレベルじゃないからいいか、と思うよりなし。

結局、6歳下の連れがほとんど結んでくれました。

【日常】

冬の高校生は駅までの送迎が必要。そんな日常の中の一コマ。
2020朝焼け
朝、晴れていると、絶景。

子どもの送迎も悪くない。

ここまで5分もかからなくても、子どもの送迎がなくなったらわざわざ見にきたりはしないんだろうなぁ。


 

2020-01-22 22:38:16

コメント(0)

2020.1.9ブログ「謹賀新年(遅い)雑記」

あけましておめでとうございます。

あけて、かなり経ってしまいました。

年末年始に一番時間をかけていたのが本の校正。
本表紙 
3月下旬刊行予定で予約は始まっていますが、まだ細かいところを直していました。
全ページに渡るプロのチェックをひとつひとつ吟味、修正。
引用もそこそこあるのでその再確認も。

これまでで一番の暖冬。除雪仕事はまだ数えるほど。
多い時にはもう2mあることもあるのに、今年は50センチを切ってしまった積雪。

春からの水不足も、もう心配されています。
スキー場も経営の危機。
雪国はそれなりに降ってもらわないと雪関係の仕事は干されるしかありません。
この先ずっと降らないのならそれなりの対応もできるのでしょうが、
来年は4m降るかもしれないのが切ないところです。

朝焼け
朝焼け。
高校生になると最寄り駅まで送迎が必要。
峠を一つ越えるので、景色は抜群。

フェイスブックもやっているのですが、これまでで最多の「いいね!」は動物でも食べ物でもなかった!

父の昔と息子がそっくり写真。激似で笑った。絶対親子(笑)。
高3の自分 息子
左が私。高1かな。バドミントン部。     左は息子。中3かな。陸上部。

まあ、私の写真は5割増しで良く撮れてますけど。

もう何でもかんでも載せちゃいますが
インク
番号一つ間違いで頼んでしまったブラザーの純正インク。
黄色のビニールを開けて合わないのに気付く。、

あとは新品のまま。
お米のおまけに1000円でお付けします。使ってくださる方がいましたらメールください。

最近少し時間ができて買ってしまったボードゲーム「バラージ」。ドイツ製のダム建設ゲーム。おもしろい!
酒・たばこ・ギャンブルはしないけど、ボードゲームと漫画はたまに買います。インドア派なので。バラージ

まさに雑記。

さて、今度は年賀状替わりの通信を書かなきゃ。

お米たくさんあります!ご注文お待ちしております。



 

2020-01-09 21:26:52

コメント(0)

20191226ブログ「雑記」

旧隣り村でのイベント
入広瀬イベント
こちらの集落と似たような環境。
きっと充実した体験になるでしょう。

雪は降ってもたくさん降らない。
美しきかな薄化粧。
雪化粧1

雪化粧2

雪景色3

除雪の仕事にまでは至らず、事務仕事にいそしんでおります。

本の仕上げの直しもたっぷりと。

お米のおまけの通信「文茶助」のネタを絞り出す。

しあわせ感
いつもの冬の光景。

その価値を年々強く感じます。

2019-12-26 20:20:45

コメント(0)

2019.12.22ブログ「暖冬」

 一度50㎝まで積もった雪もなくなりそうになっています。
明らかに暖冬。

 スキー場や除雪の仕事など、雪国は雪が降らないと困ることも多々あります。

 とは言え、気持ちのいい景色は健在。
朝景色1

朝景色2

雪の中の山仕事も少しありましたがそれもおしまい。
雪中山仕事

田んぼ仕事は一区切りついているし、薪作りも大体よろしい。
雪囲いもよし。

なので最近は事務仕事が多いです。

本用の写真の選び直し(HP 用に写真のサイズを小さくしてしまったものが使えない!)や宣伝先の検討。

田んぼ関係も自営だと結構やることが多いです。

事務仕事もあっという間に時間が経ちますね。
書類の山がなかな小さくならない。

もちろん、出荷もしてます!
この間は1日に200kg以上!
本当にありがたいことです。
玄米30㎏以外は5kg梱包。
計量選別機を改造して作った袋詰めの機械がいつも大活躍。

それでもこの時期になると少しだけ休みも取れるようになります。
やるのは主にドイツのボードゲーム。インドア派なので。
ボドゲ1 ボドゲ2 ボドゲ3
今回は全部プレイメイトのもの。全部わかったらあなたはかなりの通。是非メッセージ下さい。

雪が降るまではしばらく事務仕事にいそしみます。

2019-12-22 17:10:47

コメント(0)

2019.12.6ブログ「田んぼは雪の下」

すっかりご無沙汰してしまっているうちに雪国。
雪家
一昨日の夜から積もり始めてすでに50cm超え。
とは言っても魚沼の山間地では日常。
4.8mまで積もることもあるくらいですから。

でも道路はちゃんと通れるようにします。
ドーザー
昨日今日で3回出動しました。早い時は1:45からエンジンを掛けます。

田んぼもすっかり雪の下。
農作業はおしまいです。
水路掃除もたくさんしました!

お米はお歳暮出荷のご注文もたくさんいただいております。

そしてすぐに来年度の肥料設計。
肥料の注文を催促されるので(笑)。

バケツ苗実験の結果を踏まえて。
踏まえても7種類…。おかしい。

来年度は少し面積が増えて3,7町歩。
年間の肥料代…うっ…税込100万円超える…。
ま、それは当然の必要経費ですね。

農政室からの封筒がしょっちゅう届く。
中山間地集落協定の代表をやっていることもあるし、
田んぼの契約についてのものも多い。
なんせ田んぼ36枚は全て借地。持ち主も10人以上。
それぞれに借地契約を5年とか10年とかで結ぶ。
それが切れる時になると再契約を結ぶ。
契約日が違うので書類がバラバラに届く。
書類を書いてハンコをもらって市役所へ届ける。

田んぼ関係はそんなところ。

あとは山仕事。これはまだ雪が降る前。
枝落とし

それと執筆本の修正加筆。
これがかなりかかりました。さすがに出版となるとなかなか大変ですね。
表紙ができていないのにアマゾンとかのネット販売の予約が始まっている!

広告の世界は動きが早い!

『半農半林で暮らしを立てる』市井晴也  築地書館  \1800(税別)
こちらでもご予約できます。
送料無料でお送りします。
info@ko-bo-chazuke.jp 
もしくはfax.025-797-3205まで。
3月刊行予定でして、また出来たら宣伝させてもらいます。
お米と同じような感じでホームページ上で販売できるはずですよね。
きっとカード決済も。
そこを頑張ってみよう。得意じゃないパソコンだけど。

2019-12-06 21:54:31

コメント(0)

2019.12.6ブログ「2020年度カレンダー」

連れ合いがカレンダー作っています。絵の例を少々。
2020カレンダー表紙 カレンダー12月
カレンダー3月 カレンダー9月
カレンダー8月 希作画

作画の写真は去年のものですが。

2020年4月~2021年3月のものになります。絵はA4サイズ。見開きA3サイズ。
1500円 送料は2部まで100円です。
発送は来年2月頃になります。

お米とは別に以下までご注文下さい。
info@ko-bo-chazuke.jo
もしくは
fax.025-797-3205まで。

2019-12-06 20:52:16

コメント(0)

2019.11.10ブログ「バケツ苗実験報告」

一ヵ月もご無沙汰してしまいました。
稲刈りは終わったのに、あれよあれよと時が過ぎてしまいます。

まずは「バケツ苗実験」の報告を。
多い時は7種類8回の肥料を入れていたうちの田んぼ。確かに美味しくなったと思うし、収量も増えた。…が、撒くのが大変。田んぼ30数枚に20kg+機械10㎏を背負って撒きまくるという超アナログ世界。総計6t以上。計算してみて自分で驚く。さすがにしんどくて、今、少しずつ絞り込みをしている。ただ比較が難しいのが農業。田んぼの違いや天気で確証が得られない。そこで試した同じ条件で肥料だけ違うバケツ苗。

バケツ苗実験
はっきり見えたのは出穂40日前の中間追肥のケイ酸効果。
右4つと左4つの生育の差は歴然。これは肥料会社やJAの指導通り。
決して販売戦略の触れ込みではなかった(←そんなに疑わなくてもいいし)。
これだけ有効性があるならやはり外せない。
また、元ベテラン農家さんから教わった初期成育中のリン酸分施し⑧。
これも根の張りと株分かれに効果が見られた。
これも外したくない…、って、本当に減らす気があるのか?

それでもこうしてはっきりしたものが1つ2つあるだけでも価値がある。
食べ比べもしてみた。どれがどの米かを分からないようにして。
ただし、精米途中で機械が詰まって故障して、米が無くなってしまったものもあり、3個は白米、3個は玄米試食で。
しかも炊くコップも形状様々という雑さ。
そんな状況ながらもとりあえず今回の違いを。
甘み、コク、香りなどから夫婦で評価。各々が評価してから合わせてみると見解はほぼ一致
全般的に言うと元気に良く育った稲の米の方が美味しい。
同じような肥料体系であれば有機肥料が入っている方が香りと甘みが上。玄米炊きでは有機米の方が柔らかい。
結局の方向性。稲が欲するものを丁度良くあげて、土作りや食味に影響が大きい穂肥を有機で。と、基本はこれまで通りで良さそう。外したくない肥料が決まって、5種類くらいまで絞り込んでも味と収量は安定させられる、…のではないかと思っている。

山仕事も本格的に再開。
伐採
今年の写真ではないのですがこんな感じ。

朝夕は暗くて、週末が貴重な農作業の時間になります。

土側溝を掘り直して畔を作り直したり、
畔作り

アスパラ畑を片付けたり、水路掃除をしたり、

来年からやる田んぼの穴埋めをしたりしています。
穴埋め
端っこなら減反にしちゃうのに、なぜに真ん中にこんな穴(涙)。
コンバインがまともには入れていない形跡がくっきり。
こういう田んぼは春のトラクターや田植え機がヌカる可能性大。
キャタピラのトラクターなら大丈夫だろうけど。

砕石を軽トラに4台分運び入れました。
畔を一輪車押して。
と、書くのは簡単だけれども、難儀仕事です。
50代、こういう仕事が段々きつくなる。

長いままの稲も踏まれてたくさん残っていて2時間かけて細かく裁断。
草刈り機を田んぼに突っ込みながら。
これをしないと来年の耕起の時にトラクターの刃にからまってまるで仕事にならなくなります。
新しい田んぼは必ずと言っていいほど問題を抱えているもの。
管理し切れなくて手離していくので。

まだ水路掃除がたっぷり残っている。
雪降る前に終わらせたいなぁ。

そんな合間に、毎年恒例厚木市のバザーへ。(撮影:加藤さん)
眠そう
5割以上の確率で目をつむる自信あり。
お米と味噌、完売しました。と言っても売っていたのはほぼ連れ合い。

私はお客様へのサービスゲーム。
ボドゲ会
一番楽しんでいる本人。遊んでもらってた。

夜は実家へ。年々老化がくっきり。
母親は車の運転をやめた。
父はまだ乗っているけれど、車ぶつけてボコボコ。
心配。
家が坂道の途中で足の悪い2人には何らかの移動手段は必要。
帰宅を1日延ばして中古の充電式シニアカーを探してプレゼントしてきました。
父も乗ってくれるといいんだけどな。


また、そんな合間を縫って大工仕事もしてます。
古い家を都会の方たちとの交流拠点(会員制)にしようということで改造。
ハウスダストの大元であった古い畳を捨てフローリングにする。
土台が腐っている所もあり、想像以上の大工事に(涙)。
やっと下地に辿り着いたが、これが大変。
なんせ中越地震のせいもあってか家じゅう歪んでる。
高低差3センチ以上(大涙)。
写真は地域おこし協力隊の方。
下地作り

8畳ふた部屋の下地調整だけで2日以上。

施工は関東からの福山新田ファンの素人の方たちと一緒に。

それでも何とか貼り上がりました!
ふすま紙も取り換え、きれいになった。床をはがして出てきた囲炉裏も活かして。
囲炉裏
こう見るとなかなか素敵じゃないか。細かい所は見えないからね。

あ、怪我してる間書いていた本の出版が決まりました!
築地書館から2月予定。
そちらの手直しもやってます。
また発売がはっきりしたら宣伝させてもらいます。


長々と失礼しました。
そんなこんなでなかなか更新できないブログですがたまにお付き合いいただければ幸いです。
お米たくさんあります。
今年は売り切れにならずに済むかも!
とは言ってもあまり余っても困るので、皆様たくさん召し上がっていただけますよう、よろしくお願い致します。
 

2019-11-10 20:44:12

コメント(0)

2019.10.10ブログ「稲刈りおしまい」

無事、全ての稲を刈り終わり、お米になりました。
昨日、くず米400㎏を業者へ持ち込みし、包装も終了。

今日はコンバイン掃除と小屋掃除。一昨日もかなりやってましたが。
コンバイン掃除
今日も1日かかってしまいました。
この機械初めてだし、掃除するところがたくさんあるのでそんなものでしょう。

業者に整備に出すと、ほぼ全部バラシて点検・掃除。なんと20万円以上かかる!
それでもある程度使っていると、途中で壊れるよりよっぽど良いのです。

唐突ですが農機具屋さんが積んでた「とうみ」。昔の選別機
とうみ
ハンドル回して風を送ってゴミを飛ばす。

ちなみに現代の選別計量機。
選別計量機
選別して重さも量ってくれるくれる優れもの。

でも、昔の木のデザインと巧みさもたまりませんね。要らないけど。

今年のお米ご好評いただいております。
最後の穂のための追肥を、いつもは化成肥料と有機肥料で時期をずらしてあげていました。
今回は同量の窒素分を有機肥料のみで施してみました。

収量がおちることも覚悟していましたが、意外に大丈夫でした。
7.7俵/反。味もいいし、山の中でこれだけ獲れればまずまずです。

来年もこれで行こうかな。

同じ肥料をあげていても、お米は田んぼによって味が違う。それは仕方のないこと。
土作りからどうするか考えなきゃ~。

段ボール1800枚
これは稲刈り前、9月に買った段ボール1800枚!
さすがにこんなに買ったのは初めて。
1年間持つかなぁ。

明日から山仕事復帰です。

2019-10-10 20:53:30

コメント(0)

2019.10.4ブログ「新米甘みアップ」

新米の出荷が盛りです。

出荷
これは郵便局のカタログ「2019魚沼うまいもの発」のお客様用。

HPからはさすがにここまでは無いですね。
もっと広告費を掛ければいいのでしょうけど、毎年在庫切れになるので、うかつに宣伝できないのでした。

稲を刈るのは終わりましたが、籾摺り・梱包をまだやっています。
籾摺り梱包
作業場が狭くて置いておけないので、でき次第軽トラに積み込み、然るべき場所へ。


 今年のお米、去年より甘みが強くて美味しいと思います。

穂を肥やすための肥料(最後の追肥)をいつもは化成肥料と有機肥料をあげていたのですが、去年は化成肥料だけ。

今年は有機肥料(魚エキスペッレット)だけにしてみました。猫にいたずらされる、香りもなかなかの肥料。

違いが出たと感じています。田んぼによって味は違うし天候にもよるのですが、全体的に甘みが上がったと思います。

土作りの肥料を入れ続けてきているので、最後の有機肥料の影響はそれほどでもなくなってきているかもしれないとも思いましたが、やはり最後の穂が形成されるときの追肥は効果が違うようです。

実はこの魚ペレットという肥料、水がしっかり溜まっていないと溶けずにカビてしまいます。

一度乾いた田んぼにしっかり水を溜めるというのがかなり手こずる作業。とにかく溜まらない。
しかも7月終わり。カンカン照りにもよく当たります。
ほとんど水が来ない田んぼが1/3ほどあり、エンジンポンプ3台を回しっぱなしの状態になります。

その点、化成肥料は湿っぽければ溶けて効く。露や雨で。ポンプアップも濡れればいい、程度で済みます。

そんな背景があって、魚エキスを躊躇するところがあり、去年、今年と試してみたわけです。

決めました。

来年も手間が掛かっても美味しい方を取ります。昼夜の寒暖差もありますが、やはり有機肥料からの甘みはある。
穂の形成時期に水をたっぷりあげるのも大事なこと。

新米の味見をしてがっかりしたくないし、させたくないので。

まあ、ともあれ、美味しいお米ができたと思いますので是非お試しください。


毎年恒例の営業。口コミ基本なので年に一度の営業活動。
神奈川県厚木市で。以下の内容です。

11/2厚木
手作りのいいものがたくさんあります。美味しいものも。

お近くの方どうぞ。僕は多分お客さんの子ども達と遊んでおりますが、連れが売り場に居ますので声を掛けて下さい。

 

2019-10-04 20:38:03

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5