工房茶助

100%魚沼産コシヒカリ低農薬のお取り寄せお米通販サイト

商品には別途送料がかかります。
ご購入手続きの中で都道府県ご記入後明示されます。
詳しい送料についてはこちら
 電話・FAXでの
 ご注文もできます。
作り手の声

 
雪むろバナー2 
農薬バナー2
 
斑点米バナー2
 
福田朗子バナー
 
バナー4コマ
 

商品カテゴリ

コンテンツ

商品一覧へバナー
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2019.9.15ブログ「市井ゴッホ、山へ還る」

3時間おきにミルクをあげて育てたモモンガ。市井ゴッホ。
しっかり成長してくれました。
ももんが
どういうわけだか写真が90度回ってしまうのはご勘弁を。

僕の足の怪我の為、山の中の良さそうな所を探すのが遅れてしまいましたが、今日、山へ還しました。
巣箱 すかさず木の上の方へ登る。
ずっとこっちを見ている。でもそのまま。アップの写真が何故か載せられない。

元気に生き抜いて、良き伴侶を見付けておくれ。

さて、稲。もう少しで稲刈り。
稲刈り前 いい感じです。

20日前には刈れそう。天気次第ですが。
雀対策
少し前の写真ですが、雀対策に蛇のおもちゃがいいらしい話を聞いたので試してみる。
なんせここは電線の上に数十匹の雀が陣取りえさ場にしている田んぼ、毎年数十キロの餌を与えていると思われる。
明らかにモミがなくなっているし収量が少ない。

で、結果。…効いた!派手な蛇ほどいいようなことを書いていたので目立つのを三匹置いてみた。
被害は少ない!が、しばらくして行くと蛇が無い!トンビか何かが持って行ってしまったに違いない。
残っていたのはこの地味なのだけ。
来年は捕られないように工夫しよう。
それでも試した甲斐はあった!

穂が登熟するのを待ちながら草刈りしたり薪を作ったり。
そろそろ稲刈りの準備も始めなきゃ。

天気が続きますように!

本の方、直し続けていますが未だ出版は決まらず。

そして千葉の台風の被害が早く復旧できますように。


 

2019-09-15 20:48:47

コメント(0)

2019.8.28ブログ「急に秋」

そのタイトル、一か月も更新していないせいじゃないか?
という突っ込みを聞き流しながら。

これまでで一番暑い夏だった気がする。連夜の30℃越え。
来年は冷風扇風機を買おう。
「クーラーじゃないのか」と思っているに違ない息子。

お盆を過ぎたら急に涼しくなりました。気が付くと虫の音に囲まれている。

田んぼへの施しも終え今は3回目の草刈り。
切れちゃった右足親指の腱もつながり、リハビリがてらお盆くらいから草刈り始めています。
やろうと思うことを自分でできるありがたさ。

6月からの田んぼ作業でお願いしたアルバイト総時間180h以上!
草刈り×2・肥料撒き・溝切り×2・土側溝泥上げ・肥料撒き×2
とにかく感謝。おかげできちんと管理できて、稲もしっかり育ちました。

2019稲

夏の夕立がほとんど無くて、水不足でエンジンポンプ3台、働きまくってましたけど。

あとはこれからの天気次第。いつも言ってますね…。

味と実りのために、ここからは特に晴れて欲しい季節になります。
もう、雨は不要。

 執筆作業、加筆修正続いています。今、A5で180Pくらい。まだ出版決定とは言われていませんが、社長とずっとやりとりしてます。
毎日のように修正作業。間違ったことを書かないように、いろいろ調べたりすることも多く、時間的に本当に怪我の功名となっています。

昨日調べていて。やっぱり…、と思ったのは、

農林水産関連予算のピークは1982年の37010億円。今はその六割になっている。
その間に防衛費は倍以上に膨れ上がっているし、
その額も農林水産関係予算の二倍を軽く超えるようになってしまった、ということ。

悲しいかな、これがこの国の進んでいる方向。

さて、稲刈りまでもう少し。
お米、長い間売り切れになっていて申し訳ありません。
早ければ9月の下旬には出荷ができると思います。
これからの天気次第で(くどい)。

2019-08-28 09:29:29

コメント(0)

2019.7.30ブログ「続・農業できない農家雑記」

6月の怪我から、まだ人頼みの米作り。
その後2回目の溝切りもしてもらって、
今頼んでいるのは穂を太らすための追肥「穂肥」。
穂肥撒き

30㎏くらい背負いながら足場の悪い所もある田んぼ周りを歩く。
しかも暑い。僕が案内し肥料をタンクに入れて、あそこら辺は少なめに、とか好きなことを言う。

もちろんきちんとお礼は払うけれども、汗だくでやってくれる若者に申しわけなし。
初めての人にはかなりきつい作業。丸1日は頼めない。
中には体重50㎏で山菜60㎏かついで山から降りてくる化け物もいて、そういう人は別。

あれこれやってもらって本当にありがたい。
おかげ様でですくすく育っている。
2019稲

バケツ苗の実験も変化が出てきた。
苗実験
初めはいい苗が元気なだけだったが、徐々に違いが出てきた。
右側と左側で明らかに違う。中間での肥料の差。
前半の追肥のリン酸分も効いているように思えるが、はっきりとしているのは7月初めにあげたケイ酸肥料。
これらはまた後でまとめてみたい。

A5、160ページの原稿も何とか仕上がった。漫画とかのページも多いけど。
どうなるかわからないがとにかく送ってみよう。

本原稿
 

2019-07-30 12:18:35

コメント(0)

2019.07.18ブログ「農業できない農家雑記」

お米在庫切れ、申し訳ありませんm(__)m
9月の終わりには新米出荷できる予定です。

足のケガからの復活はまだ先。
右足親指の腱、ちゃんとつながっているかあやしい感じ。
針金が入っていて曲がらないからはっきりしないけど、なんとなく。少しは反応しても良さそうなのに。
下へは動くから踏ん張りは効くということ。
まあ、最低限、それでイケるでしょう。

もう少ししたら田んぼに水を入れて穂肥撒き。
どうやらそれも自分でできなそう(涙)
またアルバイトをお願いするしかない。
痛いのは傷よりも懐だなぁ。
お米がたくさん余っていれば営業頑張る手もあるけれどそれもならず。

執筆作業はひと段落段落。

 今、法人化の話を調べている。本意ではないけれど、超過疎地でいずれは放置される田んぼばかりになるのが見えている以上、こういう手もあったのにと後悔することが無いように。
 この集落の水田作付け面積は45ha。個人でやるには大きい。組織としてやるには小さい。他の集落とは距離があり過ぎるので、他地域との協力体制も難しい。全ての機械や施設を新調すれば1億近い経費となる。国や自治体の補助金と既に地域に配布されている多面的機能支払交付金や中山間地直払交付金の流用でどこまでカバーできるのか。
3人の人の確保はできそうではある。
早くてあと5年後の話。調べるだけ調べてみよう。できるかはともかくとして。


さてさて低空飛行している農業の話からはちょっと離れて…。
この間、山仕事の同僚などにお願いしてやってもらった動物小屋のへの丸太運び。
指示が甘く、思ったより太い木を伐ってくれちゃったので、後が大変。やっとのことで運んでもらいまいした。

丸太運び
おじさん4人でやっと。3m×3本。
丸太運び2

でも蔭様ですごくいい感じにできました。
動物小屋
保護中モモンガの山復帰のため。
ゴッホ小屋へ ゴッホ小屋2

慣れない所で初めは固まる。
ゴッホ固まる
意外にすぐ慣れて、夜中、飛びまくっている。

2019-07-18 09:01:40

コメント(0)

2019.0701ブログ「しゃがんでおります」

6月初めにチェーンソーをちょっと足に当ててしまいました。
家周りで薪を切っているときにキックバックして。
当たり所が悪く左足の親指の腱を切ってしまい、手術。
ギプス
ふあ~、忙しい時期に~(T_T)

実は前回のウィーン少年合唱団を観に行った時もこの状態。

今、田んぼの管理が大事な時、サボるわけにはいかない。
できないので人を頼む。森林組合の同僚たち。
有り難い。
減反部分も含めた草刈りの図面を作ってやってもらう。
1回目刈り終わった!

それだけじゃない。
大事な肥料撒きもある。
大事な溝切りもある。中干し超大切。
やってもらいました。多謝。
肥料撒き石井 
溝切り石井

で、7月の初めにギプスが取れて穂肥撒き…のはずだったのに…

水を抜くぐらいと思って畔を歩いているときにすべってバランス崩して変な力がかかりまた切れた、腱(T_T)

こんなに簡単に切れちゃうなんて(T_T)

再手術してきました。やっぱりものすごく痛い麻酔注射。
7月の終わりまで動けない。そして3ヶ月は「木の上登ったりしないように」と注意を受ける。
森林組合ってそんなイメージなのかな。
確認したらやっぱり斜面もダメ。う…。9月終わりまでダメって…。もう稲刈りじゃん!

森林組合は稲刈り後?
きびしー。まずしー。

自業自得なので仕方なし。なんとか食いつながなきゃ。。

お米の営業するにも在庫カツカツでできない。

かと言ってただボーっとしてるわけにもいかない。

というわけで本を書いてる。
何年も前に某出版社の社長さん(以前からの知り合い)から依頼を受けてて、とっても書ける時間がなかった。
で、ここ、約一か月、書きまくってました。お米のおまけの近況報告「文茶助」と年賀状代わりの「福山だより」を全部読み返して、
使えるところ引っ張り出して、書き直して加筆して。4コマ漫画もセレクトして。

なんでここで農林業やってるかとか、やってて思うこととか、家造りのことか書いてます。少し外からの視点も入れて。
ただ、売り物として認められるかは不明。もし本になったら報告しますね。

読み易いはず。…語彙が少ないから。

添え木が取れるまでに
また肥料撒きがあって草刈りがあって肥料撒きがある。
どれもサボれない。
何とか人を集めてお米の出来にだけは支障がないようにします!
新米の方、またよろしくお願いいたします!

いやはや。

2019-07-01 21:24:26

コメント(0)

2019.0615ブログ「ウィーン⇔北魚沼」

北魚沼で本物のウィーン少年合唱団にお目見えできるとは!
なかなかやる、小出文化会館。

その美声と完成度に鳥肌連発。

そしてなんて楽しいコンサート!

なんてなんて楽しく歌うんだろう!

子どもたち、先生大好きだな、きっと。

先生、子どもたち大好きだな間違いなく。
子どもたちを誇りに思っているのが伝わる。

人生で一番拍手した2時間。

お辞儀がバラバラなのもすごくいい。
何を大切にしているかよく分かる。
うぃーん

田んぼは草刈り。そして早く植えた所から中干し始めです。
2019中干
 

2019-06-15 10:39:16

コメント(0)

2019.6.1ブログ「田植え終了」

1週間ほど前に機械植え終わりました。
2019田植え
ハウスも解体しました。
ハウス解体

手植えの植え直しや1回使う水稲除草剤撒きも終え、
機械整備。
掃除、エンジンオイルやギヤオイルの交換。
オイル交換

トラクターの刃、こんなに小さくなっちゃう!
こうなるとまともに耕耘できない。
刃交換

まだ水路掃除も残っている他、もう畔草刈りも必要でお盆まではノンストップ。

今年の楽しみはこれ。
苗実験
苗の実験。世の中にはごまんと肥料がありまして、人によって言うことも違ったりして、あれがいいこれがいいと肥料をあげていたら本当にキリがありません。
うちは多い時で8種類。そんなにあげている人聞いたことありません。
お米の質は上がったと思いますが、身体も懐ももたない。
どの肥料がどれだけ効果を発揮しているのかも正直わからなくなってしまっている面も無きにしも非ず。

なので実験してみることにしました。
怖いのは「どれもたいしてかわらないじゃん」という結果。

追って報告したいと思います。

1週間後には山仕事も始まります。

 

2019-06-01 09:12:56

コメント(0)

2019・5.11ブログ「田打ち代かき」

先月末に土づくりの肥料撒きをして、
田起こしを終え、代かき始めました。
あれよあれよと時が過ぎます。

トラクターの刃が減っていて土をよく起こせていなかった。
そうすると代かきにとっても時間がかかることが判明。

学習には代償があります(涙)

苗、生長中。
2019苗

今朝は親たちに贈るための山菜取り。
でもうちでも食べる。
2019山菜
山ウドとウルイとタラの芽。畑から初採りのアスパラ。友人が作った醤油。
うちの米と味噌汁。
贅沢な夕飯。明日はウドのキンピラかな。おいしいのです、これが。

更新の頻度少なくてすみません。

2019-05-11 20:24:39

コメント(0)

2019.4.21ブログ「稲の種蒔き&コンバイン来たる」

さすがに雪は降らなくなりノーマルタイヤに替えました。

そんな時期になるとすじまき(稲の種蒔き)が始まります。
一昨日金曜日の午前中。
2019すじまき
2019すじまき2

Iターンの若者二人にバイトをお願いして半日に294枚。

帽子かぶっているのは自分。大幅に平均年齢を上げる。

そして今日、残りの半分をやって終了。

すじまき3

写真を撮り忘れてこれは去年の。でもほぼ同じ。

言わなきゃ自分でも間違えるくらい同じ。

で、芽が出て4センチくらいに生長するまで待ちます。
でもなんだか寒い4月なので10日以上かかるかも。

田んぼもまだ雪があって入れないので、事務仕事と出荷仕事などなど。

そうそうコンバインが来た。
コンバイン新車

な、なんと3条刈り新車!

な、なんと3条刈り新車!(くどい)

修理ばかりで毎年のように十万円単位の修理がかかっていた前のコンバイン。
去年最後は田んぼの真ん中でキャタピラが切れてお釈迦にしました。
ここ2年間いい中古を探せども見つからず。
条件を満たしている農家に市が農機具補助2割を出してくれる制度があるのが今年まで。

なので覚悟を決めてローンを組みました。
2年間の米の利益はコンバインに消える(涙)。
このコンバインが終わるときが百姓のおしまいのときかも、なんて思いながら。
13年もったら65才。
それくらいやれるといいな。

さて雪上桜の季節になりました。
2019雪上桜
今年はイマイチなんですけどね。

2019-04-21 20:25:51

コメント(0)

2019.4.14ブログ「育苗ハウス立て」

3月の23日、バックホーで育苗ハウス予定地の雪どかしをする。

4月7日には育苗ハウス立て…の予定でしたが

4月3日に雪。新たに30㎝以上積もる。

4月の雪

まさかの除雪ドーザー出動。

去年の半分の2mしか積もらなかったのに、3月4月が寒くて結局例年と変わらない雪解け状況。

焦っても仕方ないので1週間延ばして、この土日でハウス立てしました。
2019ハウス立て
2019ハウス立て3
大型ごみではありません。

この後高校生の息子も呼びつけて

2019ハウス立て2

なんとか形にしました。

いつもは1日で骨組みまででしたが、今回はメインのアーチの骨組みを現場に置きっぱなししたのでとっても効率が良かった。
ちょっとばかりバックホーでひっかいちゃいましたけど。雪どかしの時に。

このアーチ部、世の中で最も運びにくいもの3本指に入るに違いない!

翌日、抑えをしっかり施したりプール育苗の準備をしたり。

そして、雪囲いを外したり、冬タイヤをようやく替えたり。

さすがに春ですね。
ブナの芽吹き準備

ま、この間の雪にはびっくりしたでしょうけどね。

今週中にはすじまき(稲の種蒔き)をする予定です。

いよいよ2019年度米作りスタートです!

おまけ。足湯器の上の2匹。
2匹猫

 

2019-04-14 21:05:04

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5