工房茶助

100%魚沼産コシヒカリ低農薬のお取り寄せお米通販サイト

商品には別途送料がかかります。
ご購入手続きの中で都道府県ご記入後明示されます。

詳しい送料についてはこちら
「バリエーションを全て選択してください。」という表示が出た時は、
  「カートに入れる」の直前の分づき」選択をしてください
 電話・FAXでの
 ご注文もできます。
作り手の声

 
雪むろバナー2
農薬バナー2
 
斑点米バナー2
 
分つきバナー
 
福田朗子バナー
 
バナー4コマ
 

商品カテゴリ

コンテンツ

商品一覧へバナー
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2020.5.25ブログ「田植え機ヌカる」

2020田植え
一生懸命にこやかに自撮り。
うまくにこやか出来ずに撮り直す。

そんなことをやっていたからではなく、…ヌカった。
2020田植え機ぬかる

トラクターを持ってきて引っ張ったけどダメ(涙)

結局、田んぼの持ち主さんの助け。
「後で洗ってくれるならユンボ持ってきてやるよ」
「お願いしまーす」

ユンボ(バックホー)で引っ張てもらって脱出。

それを撮っている状況ではなく、終わって洗ってる写真。

2020ユンボ洗う

救出は一瞬でも、移動したり洗ったりの時間が結構かかる。

でも、とにかく助かった。

まだまだ修行が足りない米作り26年生。

集落内のあちらこちらにある田んぼ。
山間の田んぼ

いいところだなぁ、ここ。
農道の草刈り面積、異常に広いけど。
田んぼはすぐに水が抜けるざる田んぼだけど。

そういうところには畦波シートなるものを入れたりします。

2020畦波シート
これは違う田んぼだけどこんな感じ。
設置も片付けも手間はかかります。
設置前に草刈りも。

今日終わる予定だった田植え。
が、植える前にあまりに雑草が出てきてしまった所があり、
もう一度代かき直し。
草だらけ

こんなの初めて見た。
一度除草剤は撒くけれど、植えてから音が落ち着いてからだから、それまでに相当育ってしまう。
除草剤が効かないといけないので、あきらめてきれいに洗ったトラクター持ってきました。

今年初めての田んぼ。トラクターがぬかった田んぼ。
去年、相当雑草をはびこらせた違いない。

まあ、初めての田んぼで何も問題がないなんてことはまずない。
管理ができなくなって僕にまわってくる。

ともあれ、あと1枚。

2020-05-25 21:03:03

コメント(0)

2020.5.18ブログ「田植え始まり」

昨日、代かきでヌカって予定が狂いましたが、午前中に代かき終了。
36枚。
2020代かき後
代かき後、田植え待ちの田んぼ。きれい。
と言いますか、平らにきれいにするのが仕事。
凸凹して土が見えていると、乾いて固くなるし、草も生えてくる。

トラクターを1日使うと、軽油を約18ℓ使います。

トラクター軽油1日分
頻繁に買いに行く時間が惜しいので、100ℓのドラム缶に配達してもらっています。
100ℓ!と思うかもしれませんが、意外に使っちゃいます。
今度200ℓに替えようと思っています。

 苗、これまでで一番きれいに揃っています。

2020苗
1万円の播種機(種を播く機械)から0円の播種機に交換したから良かったのか。

それとも4月が寒くて初期成長があまりに遅かったせいなのか。

田植え2020
田植えで曲がるのは、盤が凸凹してるから。石があったりもします。

決してよそ見しているからではありません。ええ、決して。

植えた苗2020
こんなちっぽけな苗が黄金色にたわわに実る稲に育つのだから驚く。
毎年思う。

どうでもいいけど、驚くついでで。

ジャガイモの煮物かと思ったら、林檎煮だったことに驚く
林檎

でも美味しかった。

2020-05-18 23:05:58

コメント(0)

2020.5.10ブログ「苗光る。代かきに入りました。」

2020苗順調

順調。この苗が数百人の主食を生み出す。

なんてすごい植物だと改めて思う。

米を初めて食べ、初めて栽培を成功させた人は一体どんな人で、
どんな風に育てご飯にまで行き着いたのか?
ドキュメントを観てみたい。

キラキラ苗

植えてからしばらく寒かったので根の張りはイマイチ。

でもキラキラと生命力に溢れる。

田んぼは田打ちを終えて代かきをしようと、代かき用のロータリーに交換…

しようと思ったら…
トラクタートラブル
離れてくれない。

何度やってもダメで農機具屋さんを呼ぶ。
農機具屋さん

困ったときの伊勢屋の滝沢さん。

すぐ来てくれて本当に頼もしい。

彼なくては農業はできない。

やっと外れたけど、受けの部材の変形が原因っぽい。
トラクター変形
かつて、ロータリー部が半分外れて変形してしまった。そこが変に当たって上手く外れないと予想。

ガスボンベであぶってハンマーで叩いたりしたけど直らず。
外して持って帰って直してもらう。

夕方に持って帰って、翌日の10時には使えるようになってしまうという早わざ!
ありがたいことこの上ない。

代かき2020
おかげで代かき進んでいます。

固くなった田んぼを起こした後、苗を植えやすいようにトロトロの平らにするのが代かき。

水管理が難しい。ここはちょっと水が多かった。
丁度良く水を張って、代かきをした後は乾かないように水を上手く入れ続ける。あまりあふれすぎないように。

下流「に他に人の田んぼがあると気を使う。

自分だけ水を取って困ることがないように。

今週中に田植えができるかな。

2020-05-11 00:08:02

コメント(0)

2020.5.4ブログ「農繁期早々ヌカる」

いよいよ農繁期。
お盆までノンストップ(ホントはストップ入れたし)。

水路掃除や排水口の手直し、畦塗りなどを終え、ようやく肥料撒き。

2020肥料撒き

土づくり肥料を2種類。
いつもの「ホスビタ」「→ケイ酸、リン酸、苦土、ミネラル
初めての「腐食無双」→天然腐植酸。これ2袋でたい肥1t分の腐植酸供給。
そんなうまい話があるものかと思いつつ。
全部で148袋。脚は当然ダルくなるが、冬の間のスクワットが効いている気がする。

田打ちが始まる。ぬかる。

2020トラクターぬかる

ここは今年初めての所。去年、ちゃんと稲刈りが出来ていなかったところ。
秋に軽トラ4台分の砕石をようやく入れ込んだ所、の脇。
端っこなら減反にしちゃうんだけどな。

スコップとアルミブリッジを敷いて何とか脱出。
近くの先輩農家さんも助けに来てくれた。
そういう時はなかなか写真は撮ってられない。

これだけ水を入れておけば大丈夫と思ったのだが、足りなかった。

これは田植えできないかなぁ、と思いつつ、恐る恐るその田んぼ全面を起こした。

全体に深いが田植えは何とかイケそう。去年まで田植え機は入っていたらしいし。

諦めるのやめた。

トラクターぬからせて深くしてしまった所に砕石を入れて、全面に植えよう!

2020砕石入れ

砕石を買ってきて、大きなソリに移す。スコップで。
トラクターで運んで穴へ入れる。スコップで。
2020砕石入れ2
スコップでひとすくいひとすくいなので、一輪車でザっと入れるのより時間がかかった。

砕石が底の方へ少し落ち着くのを待って代掻きしてみよう。

結局半日で終わらなかった。

急に暑くなって苗が急速に成長中。

2020苗

息子の足跡以外は。
2020苗足跡


朝は半分の苗の保温シートを取って干す。

そして苗への肥料と水入れ。

あとは水管理と田打ち。
元々あまり水が来ない所はエンジンポンプとホースを設置する。

そしてそんなことをやっているうちに…
2020シート忘れ

シートのことをすっかり忘れていた!

良かった、風に飛ばされないで、雨に濡れないで…

ん?違う!押さえの板の置き方が違う!
誰に世話になっている!

慌てて直してくれた可能性のある人に電話。
当たりだった。
珍しく僕より若い集落内の農家さん。
良かった~。本当に助かりました。
横の川に落ちていたかもしれないし、気に引っかかって破けていたかもしれないし。
ベテラン農家さんから注意を受けていたかもしれない。

お礼言ってビール置いてきました(貰い物だけど)。

 

2020-05-04 22:20:02

コメント(0)

2020.4.26ブログ「種もみ、二度寝?」

4/20に2回目の種まき。
スジ播き2020
協力隊の兄ちゃんと高校生の息子。
スジ播き2020-2

お尻2つですみません。

一昨日、15日に播いたもののシートを取って見てみると、
2020スジ播いた
え?前回の写真と同じじゃないかって?
だって、おんなじ状態なんですもの。

もう寒すぎて一度目が覚めた種が二度寝しているのではないかという疑惑。
その日の朝、雪降りましたし。

暖冬は春が遅いと言われるのですが、おそらく史上初めての暖冬だから仕方ないか。

まだやっている水路掃除。

水路ゴミ 水路ゴミ上げ

若干場所が違いますが長くて似たような感じなので。


水路石 水路石取った

ここはただでさえ水の乗りが悪いのに、土砂崩れする。
去年諦めていたけど、この先に田んぼ8枚!
重機も入れない所。以前にも直した。

成せば成る!動かせた!
これは頑張ったと思う!
でかいバールと鉄筋棒使って。
最後は助っ人呼んだけど。

2020肥料
今年度の肥料、約370袋。
300袋は背負って撒く。
追肥が半分くらい。

一袋20㎏で、撒く機械が10㎏くらい。

いきなりこれだけ見るとひるむかもしれないが、少しずつ増えてきて慣れてくるので大丈夫になっちゃうのでした。
いっぺんに丸一日やるとかは危険。徐々に。
冬場身体がなまっているところへの水路掃除と肥料撒き。腰痛注意。
腰痛予防で12月からやり始めたスクワット今は毎日250回。効果ありますように。

2020-04-26 17:05:25

コメント(0)

2020.4.19ブログ「米作り本格始動」

もう、タイトルそのまんまの内容です。

稲の種まき(スジ播き)始めました。

1回目の320枚はすっかり写真を撮り忘れ、できた写真。

2020スジ播いた

集落の若い人(いるのか?→Iターンの人でした)2人に手伝ってもらって。


2回目の種まきの用意↓

土入れ2

2回目も320枚。

明日月曜日に播きます。

PCが怪しくなってきて新調したら復活したiTunes!
7575曲も復活!万歳!
それで久々に借りたCD。
宇多田ヒカル、中島みゆき、Cooco、椎名林檎の新しいアルバム。と、あいみょんの古いやつ。

なんで急にそんな話しているのか?

それらをiPhoneに入れて聴きながら作業して、なかなか良かった~、という話でした。
そんなことどうでもいいわ~、とお思いの方、実はこれ以外に大事。

だって同時に始まった水路掃除。
ごめんなさい。写真は今年のではありません(汗)
でも、はっきり言っていつも同じ。

水路掃除

こういうの約1km。

音楽のあるなしじゃ大違いなのです!

それとは別に土側溝1㎞も待っている(涙)。

あとはこういうのもやってます。
防草シートの張り直し。
強風にやられるのが常。杭の間がどんどん狭まっていく。

風強し。
防草シート

4月からスタートの2020年度版郵便局カタログ販売「魚沼うまいもの発」。
そちらからの注文も毎日のようにあります。

出荷

この日はラジオの「ありがとう浜村淳です」さんから15件ものご注文をいただきました。
リスナーさんへのプレゼントかな?
今度、お礼がてらメールしてみようかしら。
 

2020-04-19 23:05:12

コメント(0)

2020.4.5ブログ「苗づくり準備始まる」

昨日、育苗ハウスの骨組み作りを始めました。
育苗ハウス設置
周りに雪のない設営は初めて。
来年の今頃は新潟市の大学へ行っているはずであろう息子と。

…まだ居たりして。

その前にやっていたのは久々の高所枝打ち。
枝打ち前  枝打ち縦2
作業前と作業後。
さすがに作業中は撮れませんでした。
壮年の女性の一人住まいで片付けが大変だと言うので、枯れない程度にガッツリ落としちゃいました。
元々は高所恐怖症。でも仕事ではそんなこと言っていられないので何とかこなせるようになりました。
伐り倒しちゃった方が楽なこともあるんですけど、周りに電線とか建物があったり、倒した木を処理しなきゃいけないとなると、枝を落とすしかなくなります。無事に終わって、ホッ。
枝片付けの方が時間がかかります。軽トラ10台分くらい捨てて置ける所へ移動。こういう時は田舎は楽。

そして夜。古いパソコンが何かと怪しくなってきて新しいものを購入。以前、データが壊れ始め移すこともできなったこともあり、同じ過ちを起こさぬよう24回払いで。←誰も聞いてない

これが、できない。もう、頭に血が昇ること昇ること。
先ずはこれまで使っていたWindows Liveメールが使えない。他のに移すのも上手くできない。

それは後にしようと他のデータを移行ソフトを使って簡単に済まそうと思ったら、ワードで作った写真入り文書とかが全て滅茶苦茶になってる!

お米の注文があるからメールはちゃんと受けなければいけない。
古いパソコンを使いつつ、
LANケーブルやあれこれの線をあっちつないだりこっちつないだり。

次々生じる問題をググって調べながらやるが、どこかでつまずく(涙)
もう時間ばかりが過ぎていく(涙)
同時に他の仕事ができずに溜まっていく(涙)

さて困った、の状態が今。新しくofficeの1ヶ月お試しをダウンロードしてみる。
それがやけに時間かかかるので、その間にブログを更新しているというわけなのでした。

問題なく使えているのに、古いと言うだけで使えなくなる悪魔のシステムがにくい~。
そんな商売の仕方しか無いんかな~。

お米のご注文も順調に頂いております。ありがとうございます。
HPからのご注文は数人の常連さんがほとんどですけど。

本の方も嬉しい感想が届いてありがたいです。

2020-04-05 13:21:43

コメント(0)

2020.3.20ブログ「本出版」

著書が届きました。まずは300冊。

本到着 本発送

発送もほとんど終えました。足りなくなって60冊追加。
知り合いの方々、自らが周りの方へプレゼントしてくれたり、営業してくださることが多くて感激で胸が詰まります。

紀伊国屋など大手の本屋さんでも置いてあると思います。
出版社の方で全国紙での広告も行うようです。

3月でもまだ雪降ります。

3月除雪

そしてきれい。

3月風景

3月風景2

急いでいるのに、つい、停まってしまう峠道。

2020-03-21 06:13:28

コメント(0)

2020.3.4ブログ「父逝く」

 いきなり重いタイトルですみません。
神奈川県綾瀬市の実家。昨年11月に行ったときに先は長くないことは分かっていたので、受け入れることは難しくありませんでした。
母もいつも通りで今のところ大丈夫そうです。介護も入院もなかったことを良かったと思うようにしています。

これを機にと、孫たちも集まり3代揃っての大片付けをしました。
両親ともに物を捨てられないタチな上、最後は身体も思うように動かず。
軽トラック10数台、ゴミ袋80枚以上。景色が変わる。

市井家before
市井家after
↑玄関前
↓家の横
市井家before2
市井家after

1週間、帰れませんでした(笑)
一応長男で、妹たちとその旦那さんと協力しながら各種手続き続行中。
今は魚沼で続けています。父の車のローンもたんまりと残っている~。

できる時に片付けはやっておかなくちゃけませんね。

ちなみに葬儀代、アメリカ、イギリスの平均は80万円。
日本は190蔓延だそうです。人目を気にしたり業者の言うがままの国民性でしょうか。
自分ならとても払えない。
残った人たちを苦しめちゃいけないよなぁ、と思います。

家で倒れて、気が付けば葬儀業者が介入していましたが、
それでも生前に父から「家族葬で小さくなるべくお金をかけないで」と言う話まではできていたので助かりました。

家族葬と言いつつも19人の葬儀となりました。
孫たちも多く集まり、質素ながらも心のこもった良い式であったと思います。

新潟県岩船郡出身で神奈川に出た父。僕が炭焼きと農業がやりたいから雪深い山に行く、と聞いたときは驚いたことでしょう。
「どうせすぐ戻って来るんだろ」と言っていました。父は田舎や炭焼きや雪が嫌で故郷を出たらしいです。
とは言え、たまにこの山の中に遊びに来た時は誰よりも山菜採りを楽しんでいました。
老後の楽しみは畑だったし。
帰るときには毎回「ありがとうございました」と頭を下げていました。子どもに対してなのに。
1人の別の人間として認めていたのだろうと思います。
やりたいことをやらせてくれたことに心より感謝です。

仕事はきちんとしないと気が済まなかったダクト職人の父。
そんなところは似ていると言われます。ゆっくり休んでください。


2月はやっと雪国らしくなりました。
心配していた雪むろへの雪入れも何とかできました。これで梅雨を越えてからのお米の味も確保できました。
良かった!
2020雪むろbefore ごめんなさい。写真が横にならない(涙)。
2020雪むろafter 2020雪入れ

2020-03-04 19:33:51

コメント(0)

2020.2.5「暖冬で起こる予期せぬこと」

冬、暖か過ぎると予期せぬことが起こります。

イノシシと出会いました。
雪深い所では生きていけないイノシシ。
これまでは居なかったはず。

秋に雪の少ない所から時おり流れてくることはあっても、4mもの雪の中では生きていけないので、ここらに居座ることはない。
ところが、去年も暖冬。今年もこれまででは予想もできない暖冬でイノシシが集落際まで入り込んでいる。

夜、息子の迎えの帰り。集落近くの峠道の真ん前をイノシシが横切る。
車の真ん前、急に視野に入り、本当にぶつかる寸前で急停車。
デカい!熊より大きい感じ。
熊は急いで逃げるけれど、イノシシは悠々と歩く。
怖さも感じる風貌。
写真を撮る暇がなくて残念。

でも、「イノシシ見たー」なんて呑気なことは言っていられなくて、
こ奴が田んぼに入って荒らすと米に匂いが付いて売り物にならなくなるらしい。
乾燥、籾摺りなどで他の米と混ざるとそれにもうつってしまい、大打撃を受けるらしい。
幸い、出没した場所とうちの田んぼは幾つも沢を挟むし、距離もかなりあるのでしばらくは心配ないと思うが、油断はできない。
かと言って簡単に防げるわけではない。
駆除か電気柵か。
猟師の友人にイノシシ発見の報告をしたら翌日来てくれた。
これまでも相当数仕留めているツワモノだ。正面から突っ込んでくるイノシシの眉間を狙い撃ちすることもたまにあるらしい。

2匹向かってきて、2匹目を仕留めるための弾を入れる時間がない。でもイノシシは向かってくる。

どうしたか?

間際までイノシシ引き寄せてかわし、腰に据えていた剣ナタで一刺しで仕留めたらしい。

ただ者ではない。

2時間ほど足跡を追ったが沢に入り跡が分からなくなってしまったらしい。
雪が1mもあれば人間の移動力の方が早くなるらしい。

普通の人は追わないけどね。

もう一つ。
このままだと、雪むろに入れる雪がない。(雪むろに関してはこちら。)
1年中常時2℃前後で保管されることの意義はあまりにも大きい。
常温で保管していたお米を夏過ぎに食べたら、それはそれはがっかりする。
これが魚沼のコシヒカリ?と疑われても仕方がなくなるほどに劣化する。

それをカバーするためには30㎏玄米が140袋入る保冷庫が必要。
100万円くらいかかるし、場所もいる。
それくらいの大きさだと200Ⅴの電源もいるし、ランニングコストも相当なものだ。
家計的に大ピンチである。

イノシシが居座りませんように、願う。

温暖化対策しっかりしてくれ、世界の指導者。
他人任せは得意ではないけれど、これはどうしようもない。

夕陽2020
何気ない夕陽。きれいなものがきれいなままでありますように。

著書、お陰様で予約が130冊程になりました。
ありがとうございます。ポップも作りました。
ポップ
縦にならない。

 

2020-02-05 09:34:34

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5